データ・リポート

楽天トラベル、星空が人気の宿ランキング、1位は長野県の「八ヶ岳グレイスホテル」に

2021.12.20 13:43 更新

 旅行予約サービスの楽天トラベルは、昨年11月1日~来年10月31日の国内旅行の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)をもとに、「星空が人気の宿ランキング」を発表した。全国の登録宿泊施設の中から、星空が見えることが記載された宿泊プランを対象に宿泊人泊数が多い順にランキングした結果、長野県の「八ヶ岳グレイスホテル」が1位を獲得した。

 星空が人気の宿ランキングトップ5は、1位が長野県「八ヶ岳グレイスホテル」、2位が千葉県「大江戸温泉物語 君津の森」、3位が長野県「昼神温泉 おとぎ亭 光風」、4位が神奈川県「箱根湯本温泉 箱根の森 おかだ」、5位が福島県「裏磐梯 グランデコ 東急ホテル」となった。

 1位の「八ヶ岳グレイスホテル」が位置する長野県南牧村野辺山高原は、標高約1300メートルの高地にあり、市街地から遠く周囲も光を遮る山に囲まれているなど、星がよく見える条件が揃う日本有数の星空観賞の名所となっている。近隣には、宇宙電波を観測するための「国立天文台 野辺山」が設置されている。「八ヶ岳グレイスホテル」は、星空観賞ができるホテル専用のグラウンドを有し、星の豊富な知識を持つスタッフが案内する星空鑑賞会を毎日開催している(雨天の場合は室内にてプラネタリウム上映に変更)。クチコミでは、「案内してくれた人の上手な説明もありとても満足の時間を過ごすことができた」「歩いて数分の広いグランドに移動して、用意してもらったマットに寝転んで星の説明を聞けるという体験も良かった」と、星空観賞会に関する高い評価が寄せられている。

 2位の千葉県「大江戸温泉物語 君津の森」は、房総半島の自然豊かで閑静な森の高台に建つホテル。首都圏からのアクセスがしやすい一方で、エリアの周囲には星の光を遮る灯りが無いため、晴れた日には満天の星空を鑑賞することができる。同ランキング対象の宿泊プランの予約は子連れのファミリー旅行者が全体の約半数を占めており、そのうち9割を一都三県からの旅行者が占めている。露天風呂から眺める星空が特に好評で、クチコミには「風呂は、露天風呂が良かった。寝そべって入ることができて、月と星を眺めながらの寝湯は最高だった」など、露天風呂からの夜空を満喫する感想が寄せられている。

 3位の長野県「昼神温泉 おとぎ亭 光風」が建つ昼神温泉は、「星の観察に適した場所」の最上位として環境省に認定され、近年星空観賞で人気を集めている阿智村に位置している。「昼神温泉 おとぎ亭 光風」では、阿智村の5つの星空観賞スポットから当日の天候によって一番星が綺麗に見える場所を選定し、参加者を連れていく宿独自の無料ツアー「星空さんぽ」が特に人気を集めている。旅行者の構成別では、恋人や夫婦などの男女カップルによる宿泊が全体の4割と最も多くを占めている。クチコミでも「ここでは独自に行なっているツアーがあり、とても綺麗に見えるスポットまで連れて行ってもらえる。また、星の説明などもわかりやすく、とても有意義な時間だった」などツアーに関して満足度の高い感想が寄せられている。

[星空が人気の宿ランキング 概要]
集計日:11月10日(水)
集計方法:全国の登録宿泊施設を対象に、「星空」のキーワードを含みかつ星空が見えることが記載された宿泊プランの以下の宿泊期間における宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を集計
宿泊期間:2020年11月1日(日)~2021年10月31日(日)

楽天トラベル=https://travel.rakuten.co.jp/


このページの先頭へ