データ・リポート

貝印、「#剃るに自由を」がテーマのコミュニケーション第2弾を始動、小中学生500名の調査で自分の毛が気になる若年層は9割以上に

2021.11.16 18:51 更新

 グローバル刃物メーカーの貝印は、剃毛・脱毛における意識の多様化にともない、昨年8月から、「#剃るに自由を」をテーマにしたコミュニケーションを開始。第1弾では、剃る・剃らないの選択は自分で自由にしたい本音を、バーチャルヒューマンMEMEを起用し様々な形で発信した。今年は第2弾テーマを探るべく、全国の小学4年生~中学3年生までの男女500名を対象に「剃毛・脱毛に関する意識調査」を実施した。その結果、毛(ひげ・体毛など)について94.2%が「自分の毛が気になる」結果となった。さらに、75.6%が「毛を剃ったことがある」と回答し、はじめての毛の手入れの際に62.2%が家族のカミソリを使った、54.8%が「後悔した経験がある」ことがわかった。また、64.0%が「正しい毛の剃り方がわからない」、65.8%が「剃り方を教わりたい」と回答した。この調査結果をふまえ、貝印は、「#剃るに自由を」の第2弾として、毛に悩む若年層に寄り添うコミュニケーションを開始する。

 小学4年生~中学3年生までの男女に自分の毛について調査したところ、94.2%が「自分の毛が気になる」と回答し、特に中学生では95.9%と高く、小学生でも88.3%という結果になった。また「気になる毛の箇所」を聞いたところ、「すね毛」「うで毛」「わき毛」の順で気になる小中学生が多く、ほとんどの小中学生が毛について気になっていることがわかった。

 今回、小中学生の剃毛の実態についても調査を行ったところ、小中学生の75.6%が「毛を剃ったことがある」ことがわかり、中学生は約8割、小学生でも6割以上という結果になった。剃った箇所は「すね毛」が74.1%と最も多く、次いで「うで毛」が66.7%、「わき毛」が46.6%という結果になった。

 実態調査では、はじめての毛の手入れについても調査した。毛を剃ったことがある小中学生のうち、はじめて毛を剃った際に54.8%が後悔した経験があると回答した。具体的には、「やり方がわからず、きれいにできなかった」「肌がいたくなってしまった」「どれくらいの頻度でやればいいのかわからなかった」など失敗した経験や知識不足による後悔が見受けられた。また、はじめて毛を剃る際に62.2%と約3人に2人が家族のカミソリを使ったという結果になり、自分専用のカミソリを持っていない小中学生が多いことがわかった。

 また剃毛の悩みについて、小中学生の43.8%が「毛について相談できる人や調べる場所がない」と回答。毛に対する心配事を聞いたところ、TOP3は、46.0%が「きれいに剃れない」と最も多く、次いで40.8%が「剃ったらもっと濃くなる」、36.4%が「ブツブツができてしまう」となった。また、「剃ったらもっと濃くなる」と勘違いをしている小中学生も多く、毛に対する悩みを相談したり調べたりする場所がなく悩みや心配事を解決できていない状況にあることがわかった。

 「正しい毛の剃り方」について小中学生がどのように考えているか調査したところ、64.0%が「正しい毛の剃り方がわからない」、65.8%が「正しい毛の剃り方を教わってみたい」と思っていることがわかった。多くの小中学生が毛の手入れに対して悩み、正しい知識を知りたいと思っていることがわかった。

 さらに、小中学生に毛の手入れに対する考え方について聞いたところ、81.0%が「もっと自由に剃ってもいい」、80.6%が「気軽に話せるようになったら良いと思う」という結果となった。昨年実施した第1弾の調査結果と同様、若年層も“毛”について自分で自由に決定したいという意思や、“毛”について気軽に話す、相談するなど自由なコミュニケーションを求めていることがわかった。

 刃物メーカーとして100年以上消費者に寄り添ってきた貝印は、剃毛・脱毛における意識の多様化にともない、昨年8月から、「#剃るに自由を」をテーマにしたコミュニケーションを開始した。第1弾では、全国の15~39歳の男女600名を対象に実施した「剃毛・脱毛についての意識調査」において「気分によって毛を剃っても剃らなくても良い」と思う人が80.5%という結果になったことから、剃る・剃らないの選択は自分で自由にしたい本音をバーチャルヒューマンMEMEを起用し様々な形で発信した。

 今年は第2弾として、大人だけでなく若年層も“毛”について悩みを持ち、正しい剃り方を知りたい、“毛”について自由な選択やコミュニケーションを求めているというインサイトがあることから、毛に悩む若年層に寄り添うコミュニケーションを開始するという。

[調査概要]
調査名:剃毛・脱毛に関する意識調査
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:8月6日~8月23日
調査地域:全国
調査対象:小学4年生~中学3年生の男女
サンプル数:500名

貝印=https://www.kai-group.com/


このページの先頭へ