データ・リポート

矢野経済研究所、浄水器・整水器市場に関する調査、2019年度は前年度比98.2%の440億円と減少

2021.08.16 18:16 更新

 矢野経済研究所は、国内の浄水器・整水器市場を調査し、市場概況、タイプ別の動向、将来展望を明らかにした。その結果、2019年度の浄水器・整水器市場規模は前年度比98.2%の440億円と減少した。低価格帯商品が新規ユーザーを獲得したものの、高価格帯商品の伸び悩みで2020年度も減少傾向が続く見通しとなっている。

 2019年度の浄水器・整水器市場規模は、前年度比98.2%の440億60百万円(メーカー出荷金額ベース)と減少して推移した。

 2020年度は同90.7%の399億60百万円と予測する。新型コロナウイルスの影響によって、人々の生活様式が変化する中、改めて家庭内で消費する水への関心が高まり、卓上型や蛇口直結型の浄水器といった低価格帯の商品が新規ユーザーを獲得したが、据置型浄水器等をはじめとする高価格帯商品の販売が伸び悩んだことがマイナス要因として大きく影響し、市場は縮小する見込みである。

 消費者が求める浄水器・整水器は、基本的な浄水能力のほか、安心・安全に水道水を利用することが目的となっている。

 コロナ禍で在宅時間が増加し、自宅の水道水を利用する機会が増加したことなどを背景に、工事も不要で手軽に導入できる卓上型や蛇口直結型浄水器が新規ユーザーを獲得した。在宅時間を有意義に過ごすための巣ごもり需要にも合致したことで、浄水器ユーザーの裾野は拡大している。WEBを通じた販促が強化されるなど消費者とのタッチポイントも増えており、これまで以上に、浄水器・整水器の認知度が高まっていくものとみられる。

 新築住宅市場においては、住宅設備機器として浄水器が標準化される流れがあるが、住宅リフォームにおいては必須アイテムとはなり得ていない。そのため、キッチンリフォーム時のセレクトアイテムの筆頭として注目されるように、浄水器・整水器の地位を高めていくことが今後の課題となる。

[調査要綱]
調査期間:4月~6月
調査対象:主要浄水器・整水器メーカー、業界関連団体、販売店等
調査方法:同社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用
[小売価格]16万5000円(税込)

矢野経済研究所=https://www.yano.co.jp/


このページの先頭へ