データ・リポート

auCL、これからキャンプを始める人のための最新意識調査、キャンプの平均初期投資額は7万8362円に

2021.07.01 18:25 更新

 auコマース&ライフ(以下、auCL)は、昨今ますます人気が高まるキャンプに関する生活者の意識を計るため、キャンプを自分で計画・実行したことがある全国20代~60代の男女1000人を対象に「これからキャンプを始める人のための最新意識調査」を行った。その結果、キャンプの平均初期投資額は7万8362円となった。ソロキャンプは“おひとりさま”難易度ランキング3位にランクインした。

 5人に1人がコロナ禍以降にキャンプを始めたと回答した。キャンプ初心者のキャンプを始めたきっかけは「アウトドアブームだから」「新しい生活様式に合うコロナ禍でも楽しめる娯楽だから」が上位になった。

 キャンプを始める際の初期投資額平均は「7万8362円」、累計投資額平均は「25万1014円」になった。

 キャンプを始めるにあたって最初に揃える“三種の神器”は「テント」、「テーブル・チェア」、「シュラフ(寝袋)」だった。

 アウトドアグッズを購入する場所ランキングに「100円ショップ」がランクインした。また、全体的にECサイト購入の浸透度が高い結果になった。

 「おうちキャンプ」、「ベランピング」関心層が70%を超え、3人に1人以上はすでにアウトドアグッズを自宅インテリアに取り入れていると判明した。取り入れやすいアイテム1位は「ランタン」だった。

 “おひとりさま”難易度ランキングでは、「ひとりキャンプ(ソロキャンプ)」が3位にランクインした。一方で一人前キャンパーの基準については3人に1人が「年数は関係ない」と回答した。

 キャンプ経験者がキャンプを教わってみたいと思う著名人ランキングは、1位「ヒロシ」、2位「バイきんぐ西村」、3位「ヒロミ」となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ますます人気が高まるキャンプは、新しい生活様式に合う活動であるだけでなく、日頃の喧噪から離れられるアクティビティとなっている。今回の調査を受け、キャンプは、ある人にとっては家族や友人とともに大切な時間を過ごすものであり、またある人にとってはひとりで楽しむ趣味であり特別な非日常体験であることが分かった。また、アウトドアグッズ集めは奥が深く、一部の人はアウトドアグッズ集め自体をキャンプの魅力と捉えているだけでなく、キャンプ歴が長くなるにつれアウトドアグッズにかける金額も上昇していることが同調査で分かった。

 アウトドアグッズの購入場所で3位の「ECサイト」の一つである総合ショッピングサイト「au PAYマーケット」では、キャンプを始めるにあたって一番初めに買いそろえたもの1位の「テント」から、意外とあると便利なもの1位の「虫除け道具」、自宅に取り入れたいインテリアとしてのアウトドアグッズまで、幅広い商品を取り揃えているという。手持ちの Pontaポイントを最大1.5倍の買い物限定ポイントに増量することで、奥が深くつい集めたくなるアウトドアグッズをおトクに買い物できる。

 auCLは、今後も消費者の暮らしに寄り添うサービスの提供に努めていく考え。

[調査概要]
調査期間:6月3日~4日
調査テーマ:キャンプ実施者意識調査
調査対象者:全国20~60代 男女1000人
調査方法:インターネット調査

auコマース&ライフ=https://www.au-cl.co.jp/


このページの先頭へ