データ・リポート

日本生命、「父の日」に関するインターネットアンケート、プレゼントを「贈る」と回答した人は64.0%に

2021.06.16 18:41 更新

 日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」において、「父の日」に関するアンケートを実施した。その結果、プレゼントを「贈る」と回答した人は64.0%となり、「母の日」にプレゼントを贈る割合と比較して、10.2ポイント低かった。

 父の日にプレゼントを贈るかとの問いについて、プレゼントを「贈る」と回答した人は64.0%となり、「母の日」にプレゼントを贈る割合と比較して、10.2ポイント低かった。プレゼントを「贈る」と回答した人が最も多かった都道府県は沖縄県(89.2%)だった。父の日にプレゼントを贈らない理由は、「何を買えばよいかわからない」と回答した人が18.9%と最も多く、「コロナ禍で会えないため」が15.2%と3位に入った。

 プレゼントの内容は、贈る人・贈られる人ともに「食事・グルメ」と回答した人の割合が最も高かった。

 贈る人のプレゼントの予算は「3000円~5000円未満」が36.4%と最も高く、贈られる方の希望金額は「3000円未満」が29.2%と最も高かった。

 コロナによる家事・育児への取り組みの変化では、夫・父の家事・育児について、夫・父の立場で「積極的に行っている(行うようになった)」と回答した人は61.8%であった一方、妻・母・子の立場で同じ回答をした人は55.7%と、6.1ポイントの差があった。

 妻・母・子の立場で「夫・父が家事・育児を積極的に行っている(行うようになった)」と回答した人々のうち76.5%が父の日のプレゼントを「贈る」と回答。一方で、「行っていない(消極的になった)」と回答した人々は、49.7%が「贈る」と回答。26.8ポイントの差があった。

[アンケート概要]
実施期間:5月6日(木)~5月17日(月)
実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
回答者数:1万165名(男性:5329名、女性:4836名)

日本生命=https://www.nissay.co.jp/


このページの先頭へ