データ・リポート

TPCマーケティングリサーチ、ロコモティブシンドローム市場について調査、2019年度の市場は前年度比7.3%増の1566.2億円に

2021.02.17 17:01 更新

 TPCマーケティングリサーチは、ロコモティブシンドローム市場(以下、ロコモ市場)について調査を実施した。その結果、2019年度のロコモ市場は、前年度比7.3%増の1566.2億円となった。

 2019年度のロコモティブシンドローム関連商品の市場規模は、前年度比7.3%増の1566.2億円となった。なお、2010年度と比較して、10年間で約1.6倍に拡大している。市場規模が拡大している要因としては、(1)関節痛などに悩む50代以上の増加、(2)これら世代の積極的な社会参画、(3)機能性表示食品制度の開始による各社の積極的な商品展開などが挙げられる。

 (1)や(2)に関しては、近年は全世代を通じて健康や運動に対する意識が高まっているが、とりわけ健康維持を前提にして趣味や社会的活動など生活に対するさらなる充足感を得たいと考える50代以上のニーズが顕在化してきている。加えて、これら世代は「一億総活躍社会」の標語のもと、従来では退職していたような年齢となっても社会において積極的な役割を果たすことが期待されている。このような状況の中、各社は活動的な高齢者や将来の健康に不安を感じる高齢者に対し、「目的をかなえる手段」として商品の有用性をPRすることで需要の開拓に成功している。

 また、(3)に関しては、2015年から各社は機能性表示食品制度を利用した商品の展開を進めている。とりわけ、サプリメントや飲料その他の分野における利用が目立っている。

 2019年度のロコモ関連商品の企業別売上高はサントリーウエルネスが最も大きく、シェア17.9%の280億円となっている。以下、キューサイが同6.0%の94億円、富山常備薬が同5.2%の81億円と続いている。サントリーウエルネスは前年度比14.3%増と順調に伸長している。「ロコモア」や「グルコサミン&コンドロイチン」で活発な広告宣伝が実を結び、新規顧客を獲得。さらに「セサミン EX」を 含めたブランドスイッチを実現し、既存顧客の離脱防止率の低下に繋げることで、売上を大きく伸ばしている。

 キューサイは前年度比2.1%減となった。同社は「ひざサポートコラーゲン」以外の商品で二の矢を放てず、売上全体としては減少傾向にある。しかし、主力の「ひざサポートコラーゲン」については、2015年に機能性表示食品として関節痛緩和の訴求にリニューアルした際に、積極的な広告宣伝活動で新規顧客を獲得。その後も、ランディングページにて初めての定期購入者を対象に52%オフの割引キャンペーンを実施するなど安定的な売上を維持している。また、2019年にはロングセラー商品「グルコサミン Z」を機能性表示食品「N-アセチルグルコサミン Z」として刷新。さらに、同年に「ロコベスト」、2020 年には「骨カラキレイ」を新たに発売するなど、巻き返しを図っている。

 富山常備薬は前年度比 11.7%増となった。近年全般的に積極的な広告宣伝活動と新商品の投入を行うことで売上を大きく伸ばしているが、その中で「リョウシン JV 錠」が主力商品の1つに成長。サントリーウエルネスと並んで、前回調査時に比べて市場に占めるシェアの割合を大きく高めている。

 このほか、ファーマフーズ、森永乳業、ダイドードリンコ、八幡物産などが売上を好調に伸ばしている。このうち、ファーマフーズは前年度比 45.8%増の52.5億円となった。主力商品の「タマゴサミン」において、BSやCS、地方局におけるインフォマーシャルの放映によって、新規顧客が大きく増加。また、「タマコツ BP」とのクロスセルも積極的に行い、相乗的に売上を伸ばしている。森永乳業は、近年、大人向け粉ミルクに力を入れており、2016年には「ミルク生活」(その後2018年にリニューアル)、2018年には「ミルク生活プラス」を発売。TV-CM や自社 HP上に特設ブランドサイトを通じて、積極的に商品をPRすることで大人向け粉ミルク市場において売上を大きく伸ばすことに成功している。

[調査対象]同資料では、調査対象商品をロコモティブシンドロームに関連する商品としている。具体的には、筋肉、骨、関節といった特定または複数の部位における症状の改善・緩和を訴求したサプリメント、OTC 医薬品、飲料その他の3分野を対象としている。ただし、明らかに美容訴求・妊婦や子どもをメインターゲット・スポーツやアスリート向けに展開されている商品等は対象外としている。 [調査期間]2020年10月~2021年1月
[発刊日]1月25日(月)
[小売価格]9万9000円(税別)

TPCマーケティングリサーチ=https://tpc-cop.co.jp/


このページの先頭へ