データ・リポート

矢野経済研究所、自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査、2020年度は2011年度以来初めてのマイナス成長と予測

2020.11.17 10:08 更新

 矢野経済研究所は、国内自然派・オーガニック化粧品市場を調査し、製品カテゴリー別や流通経路別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。その結果、2020年度の国内自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比92.1%の1290億円と、2011年度以来初めてのマイナス成長予測した。

 自然派・オーガニック化粧品の国内市場は、化粧品に関する安全・安心志向が高まっていること、サステナブルな(持続可能な)環境を意識したライフスタイルを、と考える消費者の増加、敏感肌と自覚する女性が増加していることなどを背景に、拡大を続けている。

 また、イメージ先行ではなく、一般の化粧品に求められる機能も有するナチュラル・オーガニック化粧品が増えていることで訴求力が高まっており、消費者とのタッチポイントが増えていることなどから、2019年度の自然派・オーガニック化粧品市場規模(今回の調査にあたり、過去に遡って2017年度、2018年度の市場規模を見直している)は、ブランドメーカー出荷金額ベースで前年度比101.7%の1400億円となった。

 2020年、日本初の「ナチュラルコスメ認証制度」が誕生した。広告代理店業および小売店業を展開する企業が新たなナチュラル・オーガニックの認証機関を立ち上げたもので、日本の消費者がオーガニック・ナチュラルコスメを購入する際の“選定のポイント”をベースに認定基準を定めた。ナチュラルコスメの認証基準を設ける取り組みは日本で初めてとなる。

 2000年代に入り、日本でも拡大するオーガニック市場には、2005年の改正薬事法施行によって異業種企業やスタートアップ企業も市場参入するなどしている。オーガニックの認証制度は欧州のエコサートやコスメビオ、米国のUSDAなど数多く存在するが、日本の認証制度制定が市場に与える影響と制度の普及が進むかどうかが、注目される。

 2020年度の自然派・オーガニック化粧品市場規模は、ブランドメーカー出荷金額ベースで前年度比92.1%の1290億円と予測する。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗休業期間があったことで、2019年度を下回る見通しとなり、2011年度以来初めてのマイナス成長予測となる。

 店舗休業の影響はECチャネルによって一定のカバーはされたものの、既存客の購買すべてを取り込むことは困難であり、カウンセリングを必要とする新規客の獲得は鈍ったものとみている。

[調査要綱]
調査期間:8月~10月
2.調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、販売代理店、小売店、関連団体等
3.調査方法:同社専門研究員による直接面接(オンライン含む)および電話によるヒアリング、文献調査併用

矢野経済研究所=http://www.yano.co.jp/


このページの先頭へ