データ・リポート

サントリー食品、「ウェルビーイングトレンドサーベイ」の調査結果を発表、「人生100年時代」に向け認知症の関心は若者にも浸透、「人生100年時代」の受け止め方に世代間ギャップも

2019.10.21 14:10 更新

 サントリー食品インターナショナルは、「健康で、前向きに、自分らしく生き続けたい」と願う人々に寄添い、サポートできる企業でありたいという想いのもと、昨年9月から「100年ライフ プロジェクト」を発足している。今回、同プロジェクトの活動の一環として、2014年から実施している「健康と飲料レポート」を発展的に拡張し、「ウェルビーイングトレンドサーベイ」を実施。「人生100年時代」に向けた意識について、調査結果を一部抜粋して発表した。この結果、健康寿命への意識の高まりから、将来の不安は「がん」より「認知症」が上回り、「人生100年時代」の受け止め方に世代間ギャップがあることが浮き彫りになった。また、無理なく習慣化し、楽しく効果を出せる「予防健活」のニーズが高まっていることが明らかになった。

 「ウェルビーイングトレンドサーベイ2019」によると、「人生100年時代」の認知率は全体で85.2%と、言葉としては広く知られていることがわかった。「内容を知っている」「見聞きしたことがある程度」を合わせた認知率を見ると、男性60代・70代、女性70代が高い傾向にあった。一方で、「内容を知っている」と答えた年代は男女ともに20代が最も高く、約30%にのぼった。


りそな銀行、決済方法に関する実態調査、"時間もお金もお得に無駄なく"と考える「スマートペイメンター」がトレンドに、キャッシュレス決済の満足度は「デビットカード」が1位

2019.10.18 10:20 更新

 クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、現金を使わないキャッシュレス決済が、国内でも急速に拡大しつつある。とくに、10月1日の消費増税にあわせて、キャッシュレス決済によるポイント還元制度が導入されたことで、今後キャッシュレス決済はさらに加速していくことが予測されている。こうした背景の中、りそな銀行では、全国の20代~40代の男女1200名を対象に「決済方法に関する実態調査」をインターネットで実施した。その結果、目まぐるしい変化の中で生きる現代人は、日々の生活の中で「決済」を行う際も、新しい「決済手段」を検討する際も、「ポイント」が大事ということが明らかになった。生活のスマート化やミニマルなライフスタイルが進む社会の中で、“時間もお金もお得に無駄なく”という「スマートペイメンター」が急増しているようだ。また、キャッシュレス決済手段のうち、最も満足度が高いのは「デビットカード」となった。

 調査ではまず、決済方法を決める際に重要視している点を聞いたところ、1位「ポイントが貯まる(72.9%)」、2位「支払いがスムーズにできる(68.3%)」、「手数料などの費用がかからない(42.5%)」という結果となり、“時間もお金もお得に無駄なく”という考え方の「スマートペイメンター」が決済のトレンドになっていることがわかった。また、利用頻度が高い決済方法ついて、どのような機能やサービスがあれば嬉しいかを調査したところ、ここでも「ポイントが貯まる」が76.8%でナンバーワンとなり、現代人は、決済において「ポイント」を最も大切にしていることが浮き彫りとなった。


ドリーム・アーツ、1000人以上の大企業における"働き方改革"意識調査、大企業で本質的には進んでいない働き方改革の実態と課題が明らかに

2019.10.11 19:18 更新

 ドリーム・アーツは、従業員規模が1000人を超える企業の経営層と現場社員に対して、「大企業における働き方改革の意識調査」を実施し、その調査結果を発表した。この結果、4月の働き方改革関連法施行から半年、大企業において本質的には進んでいない働き方改革の実態と課題が見えてきた。

 調査ではまず、従業員規模が1000人を超える大企業の役員に対し、何らかの形で働き方改革に取り組んでいるか聞いたところ、全体のおよそ9割におよぶ87.0%が「取り組んでいる」と回答した。4月1日に働き方改革関連法が施行されてから半年が経過した現在、すでにほとんどの大企業で働き方改革に対する具体的な取り組みが進んでいることがわかる。


マルハニチロ、冷凍食品に関する調査2019、食事別利用状況では朝食4割強・昼食7割強・夕食7割半に
2019.10.10 12:55 更新
健栄製薬、「ベビーワセリンリップ」に関する使用調査、美容専門学校の学生約98%が使用感に「とてもよかった・よかった」と回答
2019.10.09 17:40 更新
サントリー食品、ミネラルウォーターに関する市場動向調査、20代の4人に1人は小学生の時にはミネラルウォーターを飲んでいた
2019.10.07 16:08 更新
矢野経済研究所、国内ゴルフ用品市場調査、2018年は前年比1.5%増の2626億4000万円に
2019.09.20 17:12 更新
富士経済、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場調査、2025年市場予測では介護業務効率化支援システムが22億円に
2019.09.20 11:32 更新
TPCマーケティングリサーチ、製パン・製菓原材料市場について調査、2018年度の市場規模は前年比0.2%減の1兆6億円規模に
2019.09.12 10:15 更新
TPCマーケティングリサーチ、乳酸菌関連商品市場について調査、"腸活"ブームなどを背景に健康食品・嗜好品・食品の市場規模が急拡大
2019.09.05 18:50 更新
医師350名に「胃の不調」に関する調査、治療に悩む消化器系疾患の第1位(約9割)は「機能性ディスペプシア」、胃の不調を感じたとき食べる食材はヨーグルトがトップに
2019.09.04 10:15 更新
矢野経済研究所、アウトドア市場に関する調査(2019年)、2018年は前年比107.5%の5007億7000万円と成長が継続
2019.09.03 19:42 更新
富士経済、ファストフードやホームデリバリーなど外食市場を調査、2019年市場見込ではセルフ式うどんが1563億円に達し病者・高齢者食宅配が968億円に
2019.09.03 19:37 更新
TPCマーケティングリサーチ、通販化粧品市場について調査、2018年度場は前年度比4.2%増の4292億円に
2019.09.03 19:31 更新
矢野経済研究所、パン市場に関する調査(2019年)結果、2017年度の市場規模は前年度比101.4%の1兆5582億円に
2019.09.03 17:01 更新
富士経済、オールナチュラルジュースの国内市場を調査、2019年市場見込では2018年比77.3%増の78億円に
2019.08.30 15:40 更新
矢野経済研究所、2018年度の国内メディカル給食・在宅配食サービス市場調査、前年度比100.8%の2兆2589億円に
2019.08.28 10:12 更新
富士経済、メンズコスメ・スキンケア・メイクアップなどの市場調査、2019年のメンズコスメティックス市場は前年比1.4%増1196億円に
2019.08.16 12:24 更新
富士経済、乳酸菌・ビフィズス菌含有食品の国内市場調査、2019年見込では乳酸菌・ビフィズス菌含有食品市場が2018年比1.8%増の7930億円に
2019.08.09 15:36 更新
J:COM、人間関係・地域のコミュニケーションに関する意識調査、約7割が「頼りベタ」であることを認識、一方で2人に1人は頼られることが好きであることも判明
2019.08.07 12:03 更新
富士経済、一般用医薬品9カテゴリー40品目の国内市場調査、しみ改善薬はインバウンド需要の恩恵も受け好調
2019.08.05 18:59 更新
富士経済、清涼飲料市場を調査、2019年見込は5兆2212億円の2582万キロリットルに
2019.08.02 16:41 更新
富士経済、スポーツ関連食品・サプリメント・認知機能サポート・睡眠サポートなどコンセプト別のH・Bフーズ市場調査、2023年のスポーツ関連食品・サプリメント市場は915億円と予測
2019.07.26 19:40 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ