美容・化粧品

ファンケル、メイク関連の製品を環境に配慮した素材に順次切り替え、プラスチック使用量は年間で約253kg削減見込み

2022.09.07 17:19 更新

 ファンケルは、9月から順次メイク関連の製品を、環境に配慮した素材に切り替えていく。対象製品は全18品目で、今回の切り替えによって最終的な年間プラスチック使用量は、約253kg削減できる見込み。

 変更内容は、対象製品すべての外箱パッケージを、プラスチック製から環境に配慮した森林認証紙にする。メイクブラシ類は、木軸のハンドル部分を環境に配慮した森林から伐採した木材にする(一部のブラシを除く)。

 2018年にサステナブル宣言「未来を希望に」を策定している。その中の重点テーマの一つに環境を設定し、企業活動のあらゆる面で、自然の恵みに感謝し、自然環境の保全に貢献するとともに、重要性の高まる気候変動の課題に対処を行っている。同件もその取り組みの一環であり、今後も自然環境の保全に役立てるよう、自然と調和した事業活動を推進していく考え。

[変更日]9月から順次

ファンケル=https://www.fancl.jp/


このページの先頭へ