美容・化粧品

ドン・キホーテ、オリジナルスキンケアブランド「cosparade」から新シリーズ「GENECOS(ジェネコス)」を発売

2022.06.13 12:47 更新

 ドン・キホーテは、6月8日に、オリジナルスキンケアブランド「cosparade(コスパレード)」から、「贅沢をもっと身近に」というコンセプトのもと誕生した新シリーズ「GENECOS(ジェネコス)」を発売した。

 コロナ禍でスキンケアにお金をかけたいニーズが高まっている中で(ドン・キホーテ調べ(SNS調査))「高価なスキンケア用品は気軽に試しにくい」「高価な化粧品は継続して使いづらい」という悩みを解決するという。GENECOSの商品は高品質ながら、今回発売する商品はいずれも価格を2178円(税込)に抑えており、「コスパよくきれいになりたい」という願いを叶える。

 「GENECOS」という名前には、「General public(一般大衆)に愛される手頃なコスメ」という願いを込めた。「GENECOS」は高品質な有効成分を配合したスキンケア用品とのこと。求めやすい価格で提供することで、贅沢なスキンケア体験をすべての消費者に届けたいという思いで開発した。

 今回は、先行乳液、美容液、化粧水の3種類の商品を展開する。いずれもコンセプトを体現した2178円(税込)の商品ラインアップとなっている。

 昨今、コロナ禍の影響もあり、メイクよりもスキンケアにお金をかけたいというニーズが高まっている。しかし、人気の高品質なスキンケア用品の中には高価なものが多く、気軽に試しにくい、継続して使いづらい、という悩みを抱えている人が多いのでは。そんな悩みを解決したいと思い、新スキンケアシリーズ「GENECOS」の開発に至ったという。こだわりの成分をたっぷりと詰め込んだ「GENECOS」で、ぜひ日々のスキンケアを贅沢に楽しんでおらいたい考え。

 「GENECOS モイスト プレミルク <先行乳液>」は、先行乳液をスキンケアのファーストステップに使用することで、肌にうるおいを与え、硬くなった肌を柔らかく整える(保湿成分による)。柔らかく整った肌はたっぷりのうるおいを引き込むことができるため、次に使うスキンケアアイテムの効果を後押しすることが期待できる。肌に透明感を与える(保湿成分による)2種類のうるおい成分と、健康的な美しい肌の皮脂を再現したオイルバランサー((ホホバ油、マカデミア種子油)エステルズ、スクワレン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フィトステロールズ、トコフェロール)成分が肌バランスを整える。

 「GENECOS モイスト セラム <美容液>」は、加齢やライフスタイルなどによって乱れた肌環境を整える鍵となる美肌菌(皮膚常在菌)に着目した成分を厳選して配合した。しっとりするのにべたつきにくい使用感となっている。肌に溶け込むように心地良くなじみ、みずみずしいテクスチャーで肌の内側(角質層まで)からうるおいで満たす。 フローラルムスクに爽やかな柑橘をかけ合わせたやさしい香りとなっている。

 「GENECOS モイスト エッセンス ローション <化粧水>」は、オイル成分と美容成分をバランスよく配合した、シェイクして使用するタイプの二層の化粧水。肌になじませることで美容成分が浸透(角質層まで)し、オイル成分が肌にしっかりフタをする。ローズマリーの葉から抽出されたローズマリー葉エキスが、役割を終えた古い角質にアプローチ。肌の生まれ変わり(古い角質をはがれやすくすることによる)をサポートすることで、現代女性が抱える様々な肌悩みにアプローチする。大切に手摘みされた新鮮なブナの芽から抽出されたエキス(ヨーロッパブナ芽エキス)は、美しい肌に欠かせないアミノ酸やミネラル、ポリフェノールを豊富に含む。気品あふれるローズ・オットーの癒しの香りとなっている。

[小売価格]各2178円(税込)
[発売日]6月8日(水)

ドン・キホーテ=https://www.donki.com/


このページの先頭へ