美容・化粧品

ミルボン、ヘアカラーブランド「ENOG(エノグ)」のパッケージにプラスチック量を削減した小型化キャップを採用

2022.04.11 18:54 更新

 美容室向けヘア化粧品メーカーのミルボンは、バージンプラスチック使用量削減の一環として、6月発売予定の新ヘアカラーブランド「ENOG(エノグ)」のパッケージに新形状の小型化キャップを採用した。従来の同社ヘアカラー剤キャップに比べ、プラスチック量を約54%削減したもの。今後、同社他ブランドのヘアカラー剤にも、このキャップを順次採用していく予定だ。

 ミルボンは、ヘアデザイナーを通じ、美と心の豊かさに繋がる美容産業を創造することで、持続可能な社会の実現をめざしている。その一環である自然環境負荷軽減のための取り組みとして、小型化したヘアカラー剤キャップの採用によって石油由来バージンプラスチック使用量の削減を推進している。

 小型化キャップの開発に際しては、従来品の開けやすさを維持しながらも、1個あたりの使用プラスチック量を3.5gから1.6gへと約54%の削減を行うことに成功した。

 このキャップは同社他ブランドのヘアカラー剤にも順次展開を予定している。ミルボンではヘアカラー第1剤の出荷量が全商品出荷数量の約40%を占めており(2020年度実績)、同社のすべてのヘアカラー剤において新形状キャップへの変更が完了すると、年間約55tのプラスチック量削減が見込まれる。これは同社の国内生産品におけるプラスチック使用量の約5.9%に当たる(2020年度ミルボンゆめが丘工場生産実績に基づくプラスチック使用量比)。

 今後もプラスチック削減をはじめ、自然環境負荷軽減のための様々な取り組みを推進していく考え。

[採用日]6月

ミルボン=https://www.milbon.co.jp/


このページの先頭へ