美容・化粧品

ナリス化粧品、薬用スキンケア「ビクエスト」を生協コープきんきと開発し生協流通の宅配で発売

2022.03.31 15:55 更新

 ナリス化粧品は、紫外線が強くなり、日差しが気になるこれからの季節に向けて、全品医薬部外品で、3ステップで美白ケアが完了する新しいスキンケアブランドを開発。肌を耕す(ときほぐし、柔らかくする)マッサージパックから始まり、化粧水を選び、乳液で仕上げる全く新しいスキンケアブランド「ビクエスト」全5品を生活協同組合連合会コープきんき事業連合と共同開発し、4月1日から生協流通の宅配で発売する。

 コロナ禍によって、それ以前と比べると、多くの人の価値観や時間の使い方が変わった。「おうち美容」という新しい言葉が浸透し、対面で人と会うことが減ったり、マスクで顔が隠れるにも関わらず、特別なスキンケアにお金や時間をかける人が増えている。それを表すかのように、経産省の鉱工業動態統計室の発表によると、2021年1月~11月の化粧品統計では、皮膚用の化粧品は全体では、前年比93%と低調だが、「パック」114%「モイスチャー」120%と推移している。

 人と会わなくても、顔が見えなくてもきれいでいたいという気持ちは、まさに、どんな時も「自分らしくありたい」という気持ちの表れではないかと考えられる。「自分らしい美」を追求するという意味から生まれた新ブランド「ビクエスト」は、マッサージパックから始める全く新しい美容法を提案するとのこと。

 スキンケアの最初のステップで行うのは、医薬部外品で美白(美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと)機能を持つマッサージパック。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。また、肌触りをなめらかにするだけでなく、肌にハリつやを与え、透明感を引き出し、毛穴の汚れを取り除くことによって、クリアな印象に。マッサージパックで、肌をほぐして柔らかくすることは、畑を耕し、種を植え、育てる準備をすることと似ている。忙しいときは肌にのせるだけでもパック効果があり、朝使用すると、顔色が一段階明るくなるため、化粧ノリがよくなり、一日を前向きに過ごすことができる。また、夜使用することで、一日頑張った肌を解きほぐすこともできる。マッサージパックは、基本のスキンケアの追加アイテムとして考えられることが多いアイテムだが、「ビクエスト」では、マッサージパックからスキンケアを始める新体験を提案する。

 「ビクエスト」は、美白有効成分として、全品にアルブチンを配合。その他にも独自の植物成分であるガジュツ根エキス/ガジュツエキス末(2)・イレイセンエキス/サキシマボタンズルエキス(保湿成分)配合で、潤いに満ちた肌に導く。また、薬用美白化粧水は、「高保湿美白」「低刺激性美白」「Wの美白」の3種から、目的に応じて選ぶことができる。それぞれの目的を叶える成分を配合し、乳液と組み合わせることで、3品で、その人らしい美しさを実現する。

[小売価格]
ビクエスト 薬用美白 ブライトニングマッサージパック:2178円
ビクエスト 薬用美白 ローション ディープモイスト:2728円
ビクエスト 薬用美白 ローション マイルド:2728円
ビクエスト 薬用美白 ローション メラノプロテクター:2728円
ビクエスト 薬用美白 スキンバリア エマルジョン:2728円
(すべて税込)
[発売日]4月1日(金)

ナリス化粧品=https://www.naris.co.jp/


このページの先頭へ