美容・化粧品

資生堂、メディテーション体験「Inner Beauty Charge」のメニューを4コースにリニューアル

2021.10.29 16:36 更新

 資生堂が、世界88の国と地域で展開しているブランド「SHISEIDO」の旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」のオープン1周年を記念して、日常から解放、リセットされ新たな美しさをチャージする「Inner Beauty Charge」(インナー・ビューティー・チャージ)の体験メニューを4つのコース(INSPIRE、ACTIVATE、EMPOWER、CALM)にリニューアルし、11月3日から本格的なサービス提供を開始する。消費者一人ひとり、その時の心の状態を測定後、全4コースの中から最適なコースを選択し、日本初導入のメディテーションカプセル「SOMADOME(ソマドーム)」内で五感(音、光、香り、温感)にアプローチする。

 SHISEIDOは、これまでに体験したことのない新しいメディテーション体験を通して、急激な社会環境の変化の中で抱えるストレス、日々の忙しさから解放され、自分自身の心・身体と向き合い、消費者の新たな美が目覚めるような体験を提供していく考え。

 Inner Beauty Chargeは、消費者一人ひとりの心の状態を測定後、全4コースの中から最適なコースを選択し、音声ガイドを通じてセルフで行う新感覚の先端メディテーション体験となっている。日本初導入のメディテーションカプセル「SOMADOME」内では、バイノーラルビートが瞑想状態へ導き、光が変化する空間でリラックスした気分になり、ブランドを象徴する美容液「アルティミューン」の香りと共に五感へアプローチする。非日常の空間で自分と向き合うための時間を得る体験によって、新たな美が目覚める。また、カプセル外の環境音として使用している「ハイパーソニックサウンド」は、視るものをより鮮やかに美しく感じる、環境全体をより快適に感じるなどの効果が期待されている(最大4名まで同時体験可能)。

 「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」は、昨年7月にオープンした、ブランドの世界観を発信し、最新のテクノロジーとヒューマンタッチを融合させた美の体験を提供する施設。外から内へ、内から外へと生きいきとした美しさが美の循環を生むという“ALIVE with Beauty”のコンセプトに、“美が目覚める”B1階、“美と遊ぶ”1階、“美をつくりだす”2階、の3つのフロアから構成されている。ウィズ/アフターコロナの新しい生活様式に対応した非接触による購買体験、美容カウンセリングなど消費者に安心・安全に新しい「美」の体験を提供する。

[「Inner Beauty Charge」メニュー概要]
体験時間:30分 ※体験前後の準備時間等は含まれない
料金:4400円(税込)オリジナルブレンドティー(茶葉)付き
予約方法:11月3日(水)からGLOBAL FLAGSHIP STOREでサービス開始
GLOBAL FLAGSHIP STORE 所在地:東京都中央区銀座3丁目3番13号 阪急阪神銀座ビル

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ