美容・化粧品

P&G、ヘアケアブランド「パンテーン」から「詰め替えECOPOUCH(エコパウチ)」と「アルミボトル」の商品を発売

2021.09.21 19:09 更新

 P&Gジャパンは、髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートするヘアケアブランド「パンテーン」から、P&Gジャパン初、単一素材(モノマテリアル)を採用したリサイクル可能な(使用後の容器を指定の回収ボックス経由で適切に回収された場合)「詰め替えECOPOUCH(エコパウチ)」と、耐久性に優れ再利用可能なアルミニウムを採用しプラスチック使用量を最小限に抑えた「アルミボトル」を、10月23日(「新パンテーン エフォートレスシリーズ」の詰め替えECOPOUCHのみ9月4日から先行発売中)に発売する。

 P&Gでは世界共通の長期ビジョン「Ambition 2030」に基づき、これまで環境サステナビリティにおける様々な活動を行ってきた。ヘアケアブランド パンテーンは、「責任を果たすP&Gビューティ」というミッションにおいて、“2030年までにヘアケア製品のパッケージを100%リサイクル・再利用可能にし、2025年までに再生素材ではない新品のプラスチック(バージン・プラスチック)を50%削減(2017年1月から12月に生産されるプラスチック総量との比較)する”という目標を掲げている。今回発売の製品は、持続可能な世界のための一つの方法として、社会・環境に貢献していく考え。

 P&Gジャパン史上初の10年以上の開発期間を経て実現した“詰め替えECOPOUCH(エコパウチ)”3つの特長として、まずリサイクル可能な単一素材(モノマテリアル)を採用した。

 これまで耐久性、安定性、外気や空気中の水分などを遮断し製品の品質を保つバリア性などの観点から、単一素材(モノマテリアル)のパッケージ開発が困難だった。また、従来品は複数の素材を組み合わせているため、リサイクル後に再生できる二次製品も限定的で汎用性が低く、リサイクルしづらいため焼却廃棄されることがほとんどだった。

 そのような状況の中、10年以上の開発期間を経て、リサイクル可能なポリエチレンベースのフィルムを採用した単一素材の「詰め替えECOPOUCH(エコパウチ)」が完成した。

 また、プラスチック使用量約60%削減(パンテーンボトル1mlおよび1g当たりの重量に基づく比較)した。

 パッケージ変更によって、従来のプラスチックボトルに比べてプラスチック使用量を約60%削減している。これによって、再生素材ではない新品のプラスチック(バージン・プラスチック)の生産を避けることにも繋がる。

 そしてリサイクルを考慮したデザインとなっているとのこと。

 通常詰め替え用パッケージに多用されているメタリックインクを使用せず、シンプルな白を基調とすることで、リサイクル後の影響を考慮したデザインを採用している。

 繰り返し長く使える“アルミボトル”3つの特長として、まず劣化しにくく耐久性の高いアルミニウム素材で再利用が可能になった。

 ボトルには、耐久性や安定性が高く、品質の劣化が少ないアルミニウムを採用。製品に特殊なコート剤を加工したことで、湿気の多いお風呂場でも長期にわたり使用できる。使用後は、中身を詰め替えることで再利用が可能とのこと。

 またプラスチック使用量の削減を図った。

 ボトルにアルミニウムを採用することで、従来のプラスチックボトルに比べて、プラスチック使用量を大幅に削減している。

 そしてプレミアムでスタイリッシュなデザインを採用したとのこと。

 バスルームにいつまでも置いておくことに喜びを感じるような、プレミアムでスタイリッシュなデザインとなっている。ボトルに描かれた環境汚染のないきれいな海で泳ぐ水着の女性には、私たちが少しでも環境に貢献することで、あなたの美しい髪とみんなの美しい海の両方に貢献したいという、パンテーンのブランド理念に基づいたメッセージが込められている。
[小売価格]オープン価格
[発売日]10月23日(土)

P&Gジャパン=https://jp.pg.com/


このページの先頭へ