美容・化粧品

P&G、朝の「寝ぐせケア」に特化した「新パンテーン エフォートレスシリーズ」を発売

2021.08.03 16:35 更新

 P&Gジャパンは、髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートするヘアケアブランド「パンテーン」から、朝の“寝ぐせケア”に特化した新シリーズ「新パンテーン エフォートレスシリーズ」を9月4日から発売する。

 ニューノーマル時代の到来で、自然体で自分らしいライフスタイルを求める傾向が強まり、ヘアも手間と時間をかけずに満足のいくスタイルを手に入れたいと考える女性が増えている。そんな時短ニーズの中でも、女性の3人に1人が不満に感じているのが「寝起きの髪=寝ぐせ」であることが判明した。

 髪は、髪内部のケラチン繊維同士を強く結合させる水素結合により形成しており、水素結合は水に濡れると切れて変形し、乾くと固定されるという性質があるという。就寝中の湿気や摩擦が原因で起こる髪のうねりや広がりが水素結合でロックされ、その形状が記憶されることで、寝ぐせが付くとのこと。

 しっかり髪を乾かして寝ても、寝汗や髪と枕の間の湿度変動などが原因で、就寝中の髪は水分バランスが乱れやすい状態だとか。日本人の髪の理想的な水分量は10~15%程度だが、水分量のバランスが崩れると、寝ぐせが付きやすくなってしまうという。

 就寝中は、寝返りなどで髪と枕が擦れ合うことで、強い摩擦が生じる。摩擦によって髪表面のキューティクルがダメージを受けると、髪同士が絡まりやすくなり寝ぐせの原因になるとのこと。さらに、ダメージを受けた髪は水分バランスが乱れやすく、寝ぐせから逃れられない悪循環に陥ってしまうという。

 今回、パンテーン独自のテクノロジーが、寝ぐせの原因である「湿気による水分バランスの乱れ」をコントロールし、「摩擦によるダメージ」を防ぐとのこと。寝ている間に髪をケアすることで、髪を内側から補修し、湿気や摩擦に左右されない、毎朝するんとまとまる、寝ぐせフリーの髪に導く。

 「モイスチャーバリアテクノロジー」が髪表面を薄いヴェールでコーティング。寝ている間も髪内部の水分量を一定に保つことで、髪に潤いを閉じ込め、翌朝の寝ぐせを防ぐとのこと。

 「絡まりフリーテクノロジー」により、髪を疎水性(水を弾きやすい状態)に保ち、髪同士の絡まりや摩擦を防ぐことで、まとまりやすい髪に導く。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月4日(土)

P&Gジャパン=https://jp.pg.com/


このページの先頭へ