美容・化粧品

コーセー、シワ改善美容液「ONE BY KOSE ザ リンクレス S」を発売

2021.08.10 13:24 更新

 コーセーは、同社独自の技術力を結集した高効能特化型ブランド「ONE BY KOSE」の薬用シワ改善クリーム「ザ リンクレス」(医薬部外品)を刷新し、「ザ リンクレス S」(医薬部外品)(1品目2品種、限定品1品目2品種)として、全国のコーセー取扱い店で10月16日から発売する。

 昨今のマスク着用の常態化に伴い、「目もとの小じわが以前よりも気になるようになった」「マスクを外した時の口元の印象が変わった」など、シワや顔の印象の変化に関する悩みが年齢層問わず寄せられていることを背景に、幅広い世代においてエイジングケア(年齢に応じた手入れのこと)に対する関心が高まっていることがうかがえる。また、近年エイジングケア市場が成長していることで多様な商品が発売されているなか、より確実で高い効果感のあるアイテムが求められる傾向にあるという。

 今回、同じ年齢の肌を比較した際、シワには大きな個人差があったことから、シワは加齢によって増加するだけでなく、年齢とともにその個人差も大きくなるということに着目。シワができやすい肌やシワ発生原因に関する研究を重ね、未来を変える次世代型のシワ改善美容液を開発した。

 同社は1990年代からアスタキサンチンに関して、長年に亘りその効能効果や化粧品への配合技術について研究を続けてきた。そして、2018年10月に同社の長年のアスタキサンチン研究の成果である独自成分「AZ-アスタキサンチン(アスタキサンチン(アスタキサンチン H)、ゲットウ葉エキス、濃グリセリン(保湿))」を配合した、薬用シワ改善クリーム「ザ リンクレス」を発売、好評を博してきた。今回、シワ改善効能と美白効能をもつ有効成分「リンクルホワイトN(ナイアシンアミド)」に加え、従来の「AZ-アスタキサンチン」のアスタキサンチンを高濃度に配合(従来品「ザ リンクレス」と比較して)、ニーム葉エキスを新たに加えた「W-アスタキサンチンS(高濃度アスタキサンチン(アスタキサンチン H)、ゲットウ葉エキス、ニーム葉エキス、濃グリセリン(保湿))」を組み合わせ、「ザ リンクレス S」としてパワーアップリニューアルする。

 「リンクルホワイトN」が真皮と表皮の両方へアプローチすることによって、目もと・口もと・額・眉間といった幅広い部位の浅いシワや年齢を感じさせるシワを改善。また、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。シワが気になる肌もうるおいでやわらかくし、力強いハリ感を与える、ソフニング&ストレッチキープ処方を採用した。従来品に比べてさらにリラックス感を感じさせる、心やすらぐグリーンフローラルの香りとなっている。

 容器の色には、新たに植物エキスを想起させる「フューチャーエンパワーグリーン」を採用、外箱には既存の深みのあるレッドに、フューチャーエンパワーグリーンの曲線を描くことで、パワーアップした効果への期待感を演出している。

 「ONE BY KOSE」は、2017年1月に、コーセー独自の技術力を結集した高効能特化型ブランドとして国内でデビュー。現在、日本を含む11の国と地域(2021年7月末時点 アイテムによって展開国、地域は異なる)で展開し、薬用導入美容液「セラム ヴェール(医薬部外品)」(販売名:OBK 薬用美容液)、薬用美白美容液「メラノショット ホワイト D(医薬部外品)」(販売名: ONE BY KOSEメラノショット ホワイト D)、薬用シワ改善クリーム「ザ リンクレス(医薬部外品)」(販売名:OBK 薬用リンクルリペア 美容液 a)、薬用皮脂分泌抑制化粧水「バランシング チューナー(医薬部外品)」(販売名:ONE BY KOSE バランシング チューナー)をラインアップしている。8月には高保湿化粧水「ザ ウォーター メイト」の発売を予定しており、多様な肌悩みに対し、それぞれ特化して解決するアイテムを拡充することで、チャネルや年齢・性別の垣根を越え幅広い顧客層に人気のあるブランドとして独自の地位を確立している。

 「リンクルホワイトN」は、ビタミンB群の一種。真皮と表皮とに働きかけ、シワを改善する。また、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ有効成分とのこと。水溶性のため、様々な剤型への展開が可能な成分となっている。

 普段のスキンケアに気軽に取り入れるだけでシワを改善できる、医薬部外品の「シワ改善アイテム」は、2017年から2018年頃の相次ぐ新規有効成分の登場を契機に市場が急速に拡大した。現在では美容液、化粧水、乳液など様々な剤型が発売されており、シワ改善効果だけにとどまらず、保湿や美白などの付加価値が加わったアイテムが求められる傾向にある。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]10月16日(土)

コーセー=http://www.kose.co.jp/


このページの先頭へ