美容・化粧品

花王、「ソフィーナ iP」から泡の洗顔料「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」を発売

2021.08.06 19:09 更新

 花王は、9月11日に、100%炭酸ガスの噴射剤が作り出す泡の洗顔料「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」を発売する。8月5日にオンラインで行われた新製品発表会では、「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」の概要を説明した他、“高濃度炭酸泡”を応用した「炭酸洗顔料技術」について紹介した。

 「『ソフィーナ iP』は、疲れやストレスに左右されず、芯から強く、美しい肌へ導く化粧品として2015年に誕生。高濃度(同社従来品比較)炭酸(炭酸ガス(噴射剤))の泡の美容液『ソフィーナ iP ベースケア セラム<土台美容液>』を発売し、美容液市場で5年連続売上No.1(土台美容液/インテージ SRI+美容液(美白・しわ改善除く)市場 2016年6月~2021年5月 ブランド別累計販売金額・個数)を獲得するなど、30~40代女性を中心に支持を得ており、同品のリピート率は58%となっている」と、花王 化粧品事業部門 篠原正和氏が挨拶。「『ソフィーナ iP』は、疲れやストレスなど過酷な環境にも左右されない美しさを手に入れたいという女性をターゲットにしており、身体も肌も自らの免疫力を高めて美しくなることを目指している」と、「ソフィーナ iP」が掲げるコンセプトについて説明する。「こうしたブランドコンセプトが支持され、年間購入者数は、誕生翌年の2016年に31万人を突破。昨年は70万人に達した」と、全国発売開始以降、5年で2倍以上に拡大したと目を細める。

 「新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、マスク着用や外出自粛が続き、感性的な手強い『くすみ悩み』が顕在化した。また、肌悩みを隠せる状態に慣れ、『マスクを外すのに抵抗』を感じている」と、コロナ禍特有の肌悩みが見られるようになったとのこと。「コロナ禍における『価値観』や『スキンケア調査』を行ったところ、素肌を本質から高めたい・整えたいという意識の消費者が増加していることがわかった」と、素肌を改善したいという声が見られたのだという。「そこで、炭酸ガス比率100%の泡の洗顔料『ソフィーナiP リニュー ムース ウォッシュ』を9月11日から発売する。同品は、くすみを落とし、潤って、明るさを放つ肌へと導いてくれる」と、新たに泡の洗顔料を上市すると意気込む。「『ソフィーナ iP』では、“炭酸”を主軸に本質改善価値の進化と拡張を推し進めていく」と、2025年には2020年比2.8倍の売上を目指すと訴えた。

 次に、同 スキンケア研究所 園田純子氏が“高濃度炭酸泡”を応用した「炭酸洗顔料技術」について紹介した。「当社の美肌アプローチは、皮膚だけでなく、身体全体の力で美肌を生み出すべく、身体機能に働きかけ、皮膚の力を高める土台の力に着目した。そして土台の力を高めるには血管力が重要であることがわかった」と、土台の力を通じて、皮膚の力を引き上げるアプローチで美肌を目指すのだと説明する。「血管力を高めるには、高濃度炭酸泡とクロロゲン酸によるアプローチが必要となる」と、塗布で皮膚から作用させる高濃度炭酸泡と経口で体内から作用するクロロゲン酸によるアプローチが血管力を高めるのだと力説する。「これまで高濃度炭酸泡技術については、スキンケア効果として血流促進効果の他、角化正常化と浸透ルート形成を見出した。そして、保湿ケアでは水分、油分を補う有効成分を浸透させるために炭酸をプラスすることが効果的であることがわかった。また、汚れを落とし、次のケアを馴染みやすくする洗顔においても炭酸をプラスすることで、よりよい土台作りが可能になると考えた」と、洗顔で洗うだけでなくスキンケアまで炭酸ケアすることで血管力が高まると仮説を立てたという。

 「スキンケアと汚れ落ち効果を洗顔料でも最大限発揮させるためには、炭酸濃度100%の実現が必須となる。しかし、洗顔はリンスオフ製剤のため、炭酸を短時間で届ける必要があり、炭酸においても炭酸濃度100%でもへたれない泡を実現する必要があることがわかった」と、炭酸濃度100%実現には課題もあったと指摘する。そこで、洗顔では泡の微細化を目指し、炭酸では泡の弾力性を実現させることで、課題を克服できると考え、泡を固くする(固定化)技術を提案。これによって、泡のキメの細かさと弾力性を両立することができた」と、泡を固くする技術PICがキメ細かく弾力のある泡を達成するのだと説明した。

 「高濃度炭酸泡は、血流を促進するだけでなく、皮脂を浮きやすくする」と、一般の洗顔料は、洗浄成分が汚れだけでなく、肌にも作用し悪影響を及ぼすが、炭酸洗顔料では、炭酸が肌や汚れに浸透し、汚れを内側から浮かせて落としやすくするのだとアピールする。「つまり、炭酸洗顔料は肌に負担なく高い皮脂洗浄力を実現する」と、皮脂洗浄にも優れた技術なのだと訴える。「泡を固くする技術PICがうるおい成分を保持し、肌の水分量が向上することもわかった」と、うるおい保持技術を採用したことで、肌荒れや肌不調が本質的に改善することが実感できるのだと語っていた。

 「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」は、100%炭酸ガスの噴射剤が作り出す泡の洗顔料。洗うだけでなく、洗うことで素肌を整える「整肌(せいはだ) 」発想から生まれた洗顔料となっている。くすんで暗く見える肌(古い角質による)も、洗うたび、うるおって明るい素肌に整える。

 特徴は、クリーミーで濃密な洗浄泡が、肌にぴったりと密着。洗浄後も、保湿成分が肌にとどまる「モイストキープ処方」でつっぱらず、しっとりとした肌へ導く。洗い上がりは、つるんとなめらかだとか。ずっと触れていたくなるような肌触りとなっている。次に使うスキンケア品のなじみや化粧のりを良くする。キレイが沸き上がる、オーシャンエナジーの香りとなっている。

[小売価格]
本体:3630円
レフィル:3300円
[発売日]9月11日(土)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ