美容・化粧品

花王、カネボウ化粧品のスキンケアブランド「DEW(デュウ)」からクレイマスク洗顔「DEW クリアクレイフォンデュ」を発売

2021.06.17 16:09 更新

 花王は、6月16日に、カネボウ化粧品のスキンケアブランド「DEW(デュウ)」から、ワントーン明るくなめらかな肌に洗い上げる、泥とろ感触のクレイマスク洗顔「DEW クリアクレイフォンデュ」(90g)を発売した。

 「DEW」では、今年後半は、同商品の発売以降も、感性に響く要素を際立たせたアイテムを投入することを予定しており、スキンケアが楽しくなるような提案を継続的に行っていくという。

 「DEW」では、自分自身と向き合うスキンケアの時間が、充実した日々につながっていくとの考えから、昨年12月に新たに、“Skincare holic(スキンケアホリック)”として、感触や香り等を楽しみスキンケアに夢中になることを提案している。これに伴い、感性に響く要素をより際立たせたアイテムと位置づけ、導入美容液「DEW キャビアドットブースター」を発売。在宅時間の増加や、マスク生活によるメイク控え、リモートワークの定着などによって、自宅でできる肌の手入れに関心が集まっていることも重なり、話題となった。

 今年後半、「DEW」は“Skincare holic”の提案を加速。ビジュアル、感触、香りなど、感性に訴えかけ、スキンケアが楽しくなるようなアイテムを次々と発売し、ブランドイメージの早期確立と提案の浸透を図る考え。

 花王化粧品事業では、「強いブランドづくり」を進めており、今般、ブランドポートフォリオの見直しを行なった。「DEW」を、国内を中心に注力するブランド「R8」のひとつに位置づけ、今後、強化していくという。

 今回発売する「DEW クリアクレイフォンデュ」は、洗うたび、ワントーン明るくなめらかな肌に整える、とろけるような心地よい泥とろ感触のクレイマスク洗顔とのこと。印象的なラベンダー色のクレイ状感触で、肌にのばすと、とろけるように広がり、軽くマッサージをすることでスクラブがつぶれる。そのまま2~3分マスクをすると、ラベンダーを基調とする心地よい香りに包まれる。感触の変化を楽しみながら香りにひたったあと、洗い流すことで、古い角質などによるくすみ・ざらつきを取り去り、ワントーン明るいなめらかな肌に導く。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]6月16日(水)

花王=https://www.kao.com/jp/
カネボウ化粧品=https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ