美容・化粧品

ポーラ、塗って寝るだけの夜用クリームマスク「アペックス マスク 921」を発売

2021.06.14 13:33 更新

 ポーラは、同社のパーソナライズドサービスブランド「APEX(アペックス)」から、とくに外部環境の影響から、ゴワつき、かさつきなど様々な肌悩みを抱える人へ、塗って寝るだけの夜用クリームマスクが、つるんとふっくらした肌を目指す「アペックス マスク 921」(54g)を9月1日に発売する。

 「アペックス」は、1989年の誕生以来30年以上にわたって、約1910万件(2021年1月現在)の肌データを蓄積し、一人ひとりの肌を見つめてきた。今の肌状態を「コンディション」、今も未来も理想の肌を目指すために高め続けたい力を「ポテンシャル」と定め、これらを知るための独自の肌分析技術と一人ひとりに合わせたプロダクトで未来の肌までも見据えたパーソナライズドサービスを提供している。

 そして今回、肌のビッグデータ解析から新たに、ポテンシャルスコアが低い方は多くの肌悩みを感じている人が多いことが分かった。また、肌細胞内のミトコンドリアで充分な酸素がとりこまれているかどうか、肌の呼吸に着目した。

 「アペックス マスク 921」は、新たにつるんとふっくらした肌をサポートする保湿成分「ホップエキスMP(ホップエキス)」を配合した他、肌のハリ感をサポートする保湿成分「シモツケソウエキス(セイヨウナツユキソウ花エキス)」、「マコンブエキス(マコンブエキス)」、「ショウキョウチンキエキス(ショウガ根エキス)」、「セイヨウニワトコエキス(セイヨウニワトコ花エキス)」、「セイヨウハッカ葉エキス(セイヨウハッカ葉エキス)」、角層の保護をサポートするポーラオリジナル保湿成分「バイタルポリマー(ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン)」を配合した。

 また、つるんとふっくらした肌に着目した温室ベール処方設計を採用。肌にじゅわっとなじむ「モイストベルベットオイル(ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル)」、保湿成分にフタをする「ソリッドオイル(パルミチン酸セチル)」、夜用マスクに嬉しいつるつる膜「ウォータリングポリマー(アクリル酸Naグラフト デンプン)」を配合した。

 全国のポーラ ビューティーディレクター、コスメ&エステショップ「ポーラ ザ ビューティー」約640店舗を含む約3800店のポーラショップ、旗艦店「ポーラ ギンザ」、で取り扱う(一部、取り扱いのない店舗がある)。

[小売価格]1万1000円(税込)
[発売日]9月1日(水)

ポーラ=https://www.pola.co.jp/


このページの先頭へ