美容・化粧品

アイスタイル、XRを活用したバーチャル店舗で「次世代メイク体験コンテンツ」を期間限定公開

2021.04.25 12:36 更新

 アイスタイルは、XRを活用したスマートフォン向けサービス「au XR Door」を通じて購買体験が可能なバーチャル店舗「@cosme TOKYO-virtual store-」(以下、同バーチャル店舗)において、KDDIと化粧品ブランド「KANEBO」のコラボレーションによる、次世代メイク体験コンテンツ「coh×イガリシノブ supported by KANEBO」(以下、同コンテンツ)を4月22日から6月30日の期間限定で順次公開した。

 また、4月29日からのGW期間中、自宅にいながら店頭と同様に商品と出会う体験を提供するべく、オンラインイベント「@cosmeTOKYO G.W.FESTA」を開催、ユーザーとブランドの出会いを創出する。

 アイスタイルでは、新型コロナウイルス感染症の影響によってさまざまな店舗において生活者の購買体験が制限される中、オンライン美容部員プロジェクトなど、小売りのDX化に取り組んでいる。「@cosme TOKYO-virtual store-」もその取り組みの1つであり、オンラインの利便性とリアルの体験価値を融合し、「場所や時間を選ばず、安全で楽しい買い物体験」を提供するために誕生した完全非接触型のバーチャル店舗となっている。

 同コンテンツでは、KDDIの「au VISION STUDIO」が企画・開発したバーチャルヒューマン「coh」がメイクモデルとして起用され、ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブ氏が、人にとどまらず、生まれたてのバーチャルヒューマンの個性をも引き出していく様子をイガリシノブ氏自身の解説付きで紹介する。

 また5月14日から、イガリシノブ氏が「coh」に施したメイクテクニックを、XR技術とスマートフォンのカメラを活用し、スマートフォン上に表示されたガイドをなぞることで自分の顔で体感できるコンテンツを公開する。公開期間中は同バーチャル店舗内のエントランスが特別仕様に変化する。

 さらに4月22日に、ブラウザ上でも店舗体験が楽しめる「@cosme TOKYO-virtual store-WEB版(ベータ)」もローンチする。

[公開日]4月22日(木)

アイスタイル=https://www.istyle.co.jp/


このページの先頭へ