美容・化粧品

ミュゼプラチナム、美容医療クリニック「ミュゼクリニック」で「ボトックス注射」を開始

2021.04.28 13:02 更新

 全国に176店舗(2021年3月末日時点)のサロンを展開し、売上・店舗数(東京商工リサーチ調べ(2020年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)、総合的な満足度No.1(日本能率協会総合研究所調べ 2020年10月時点)美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」がプロデュースする美容医療クリニック「ミュゼクリニック」で新メニュー「ボトックス注射」を開始した。

 ミュゼクリニックでは、「目を細めるクセがあり額や眉間にしわがよっている」、「思い切り笑ったときの目元のしわが気になる」、「エラの張りが気になる」などの悩みを抱える女性からの相談が多く、そんな悩みを気軽に解決する施術として、新メニュー「ボトックス注射」の提供を開始した。

 新メニューの「ボトックス注射」は、ボツリヌス菌の作り出すA型ボツリヌス毒素(たんぱく質)から抽出した製剤を、気になる部位に注入することで、注入した部位の筋肉を弛緩させる効果があるという。表情が変化した際に現れる眉間・目尻・額などの表情じわや、食いしばりや歯ぎしりによって起こるエラの張りを改善したい人にオススメの施術とのこと。気になる部位に製剤を注入することで、その部位の筋肉をリラックスさせ、しわを消して新たにできにくくする効果や、エラの張りを緩和する効果が期待できる。また、繰り返し施術を行うことで、筋肉そのものを縮小する効果も期待できる。施術自体の時間は5分~10分程度で、ダウンタイムがほぼないのも特徴とのこと。

 また、ミュゼクリニックの「ボトックス注射」では、日本国内で唯一、厚生労働省の承認を受けているアラガン社の「ボトックスビスタ」を採用した。「ボトックスビスタ」は、原産国であるアメリカFDAの承認はもちろんのこと、最適な温度管理によって、持続効果が保証されている。また、アラガン社で認定された医師による施術のため、安心して施術を受けてもらうことができる。

 ミュゼクリニックではこれからも、自身の努力では難しい肌や体型の悩みに対し、医療の面からもサポートするべく、女性に寄り添いながら、解決のためのメニューを提供していく考え。

ミュゼクリニック=https://musee-clinic.com/


このページの先頭へ