美容・化粧品

eggg、卵の殻を使ったしっとり洗顔フォーム「TSURUTAMA」を発売

2021.04.02 18:18 更新

 eggg(えぐぅ~)は、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」を4月2日から発売する。

 同社は平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している。毎日こだわりの卵を使って消費者に卵料理をふるまう一方、どうしても大量に破棄してしなくてはならないものがあるという。それは、卵の殻の部分だとか。同社は、そんな卵の殻をなんとか無駄にせず活かしたいと思い、 卵の殻を使った新しい美容用品の開発に取り組んだ。

 卵の殻にはタンパク質、ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸など、つるつるな肌に欠かせない成分がたっぷり含まれている。卵の殻からとれる近年大注目の高級美容成分である「卵殻膜エキス」を配合し、しっとりしていてハリのある肌に導くような洗顔料を開発した。

 「TSURUTAMA」の特徴は、高級美容成分の卵殻膜エキスを配合。メイン成分となる卵殻膜エキスは 皮膚に柔軟性やみずみずしさをもたらし、 つややかでハリのある肌をサポートする。主な美容成分は、加水分解卵殻膜エキス、 UNIFINE-CO、 IMMUNOL-CO コラーゲン、 ヒアルロン酸、セラミド、プラセンとなっている。

 UNIFINE-COは、大豆エキスを麴菌で発酵させたエキスとのこと。発酵のプロのノウハウと最先端科学技術の組み合わせによって、非常に優れた発酵原料「UNIFINE-CO」が生まれた。自然由来の発酵の良さが肌にハリを与える。

 IMMUNOL-COは、酢酸菌を植物由来原料で発酵したエキスとのことす。 国産由来の柿から単離した酢酸菌を植物由来の原料で発酵させて生まれる「IMMUNOL-CO」は肌荒れを防いでくれる。

 卵屋さんが開発した「TSURUTAMA 卵屋さんのしっとり洗顔」を是非一度試して、肌のハリや弾力の違いを感じてみてほしい考え。

[小売価格]1760円(税込)
[発売日]4月2日(金)

eggg=https://www.eggg.jp/


このページの先頭へ