美容・化粧品

P&G、「パンテーン」から髪の紫外線ブロック効果と補修効果・軽い付け心地を兼ね備えた「髪の日焼け止めオイル」を発売

2021.03.04 17:59 更新

 P&Gジャパンは、髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートするヘアケアブランド「パンテーン」から、髪の紫外線ブロック効果と補修効果、そして軽い付け心地を兼ね備えた「髪の日焼け止めオイル」を3月4日に発売する。発売に先立って開催されたメディア向け新製品発表会では、「髪に特化した日焼け止めを待っていた」「日焼け止め効果と軽い仕上がりを両立したのはすごい」といった声も既に多く聞かれ、美容のプロから早くも注目を集めている新製品となっている。これからは髪も紫外線ケアする時代。パンテーン「髪の日焼け止めオイル」で、紫外線ダメージを防いで、うるツヤ髪をキープする。

 日焼け止め市場は年々拡大傾向にあり、それを受けて、肌用の日焼け止めは多機能化している。近年は、紫外線から肌を守る機能だけではなく、美白効果やトーンアップ効果も兼ね備えるなど、スキンケアアイテムとして進化を遂げている。一方で髪専用の日焼け止めは少なく、多くが全身と兼用タイプのものとなっている。

 P&Gが行った調査(n=55 20代~60代の女性を対象にした調査(2020年10月実施))によると、多くの女性が顔や身体のUVケアを行っているのに対し、髪のUVケアを行っているのはたったの16%しかいないという結果になった。その反面、紫外線は「自身が思う髪悩みの原因」の上位に入っており、多くの人が髪の日焼けを気にしていることが分かっている。また、スプレータイプなど髪にも使用できる全身兼用のものは、ベタつき、ムラになりやすいなど、多くの人が使用感や効果の面で満足していないということも明らかになった。

 1年中降り注いでいる紫外線。実は髪は肌と同等(肌とは顔の肌のことを指す)、あるいはそれ以上(2014年6月、P&G調べ)、紫外線にさらされているといわれている。髪にダメージを与える紫外線には、UVAとUVBが存在しており、UVAは髪内部に、UVBは髪表面にダメージを与える。そして、髪表面は特に紫外線の影響を受けやすい構造になっているため、髪がUVBを浴びるとたんぱく質が傷つき、枝毛や切れ毛、ごわつきなどのヘアトラブルを引き起こしてしまう。さらに、一度失われたたんぱく質は元に戻すことができないという。

 約80年間ヘアケアの研究を続けてきたパンテーンの技術を結集して開発した「パンテーン UVカット ヘアオイル」は、髪専用の日焼け止めオイル。紫外線ブロック効果と補修効果、さらに、べたつかない軽い使い心地を兼ね備え、髪のUV新習慣をサポートする。ごわつきフリーの、うるツヤ髪へと導く。

 新搭載の「UV カット・ヴェール」がUVAとUVBをダブルでブロック。特に深刻なダメージを与えるUVBから髪を守る効果が高く、枝毛や切れ毛、ごわつきなどの紫外線ダメージから髪を守る。

 軽い付け心地の「スムースキャリーオイル」が、髪1本1本を包み込み、全体にムラなく均一に広がることで、紫外線からしっかりブロック。朝付けてから一日中うるツヤ髪がつづく。
 髪ダメージを補修し、潤いとツヤのある髪に導く。さらにドライヤーの熱による乾燥・パサつきから髪を守る効果もあるという。軽いテクスチャでスタイリング剤との相性もよいので、日中の塗り直しにも最適だとか。柚子とジャスミンをブレンドした爽やかな香りで、シチュエーションを選ばず使うことができる。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月4日(木)

P&Gジャパン=https://jp.pg.com/


このページの先頭へ