美容・化粧品

マツモトキヨシHD、シワ改善スキンケアブランド「ザ・レチノタイム」から限定セットを発売

2021.03.16 17:58 更新

 「1st for you. あなたにとっての、いちばんへ。」をグループ経営理念に掲げ、全国にドラッグストアを広くチェーン展開するマツモトキヨシホールディングスは、ナリス化粧品との共同開発エイジングケア(年齢に応じた医薬部外品や化粧品による手入れ)ブランド「THE RETINOTIME(ザ・レチノタイム)」から、マツモトキヨシ売上No.1アイテム(UV乳液売り上げシェア(販売金額)No.1 2020年6月1日~7月31日 マツモトキヨシホールディングス調べ)「ザ・レチノタイム リンクルデイミルク UV(医薬部外品)」に「ザ・レチノタイム クレンジング&マッサージクリーム」(ミニサイズ)がついた限定セットを4月1日から順次発売する。

 マツモトキヨシ売上No.1を誇り、日本初(発売されているシワ改善効能の医薬部外品において、日本で初めて、そして日本で唯一日やけ止め機能(SPF50+・PA++++)を有した商品(2020年5月 TPC マーケティングリサーチ調べ))のシワ改善UV乳液「ザ・レチノタイム リンクルデイミルク UV(医薬部外品)」。日本で初めて、そして日本で唯一日やけ止め機能(SPF50+・PA++++)を有した「シワ改善」の日中用 薬用UV乳液となっている。この商品1本で3つの機能(高保湿乳液・UVカット・化粧下地)があり、忙しい朝でもスキンケアとUV対策、そしてシワ改善ができると好評を得ている。

 春先からは紫外線が強くなる時期で、紫外線は乾燥ダメージの原因になるとのこと。朝晩の手入れだけでなく、紫外線を直接浴びてしまう日中だからこそしっかりケアする必要があるという。シワを改善する効果が認められた有効成分ナイアシンアミドが表皮と真皮へアプローチ。目元・口元・ひたい・頬など気になるシワを改善する。また、モイストコンプレックスプラス(コラーゲン・トリペプチド F、加水分解ヒアルロン酸、酵母多糖体末、トリメチルグリシン、豆乳発酵液(すべて保湿成分))が角層で水分をとらえて抱え込み、1日中うるおって、ふっくらとしたハリのある肌へ導く日中用UV乳液となっている。

 保湿成分をバランス良く特殊配合することで、角層の今まで届きにくかった所にも成分を届ける技術、「RTダイレクト技術」を採用した。各配合成分の効果をより高めることを可能にしたという。

[小売価格]2700円(税別)
[発売日]4月1日(木)

マツモトキヨシホールディングス=https://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/


このページの先頭へ