美容・化粧品

ライオン、制汗剤「Ban 汗ブロック プラチナロールオン 無香性/せっけんの香り」を改良発売

2021.02.02 21:52 更新

 ライオンは、ウォータープルーフ処方とBan史上No.1の密着力で1日中落ちにくい“超耐久”を実現したロールオンタイプの制汗剤「Ban 汗ブロック プラチナロールオン」を、1月から改良発売した。

 同社の「Ban 汗ブロックロールオン」は、2014年に発売以降、ワキ汗に悩む女性の要望に応え、シリーズ累計出荷個数は2300万個を突破し(2014年2月~2020年12月 ライオン調べ)、多くの消費者から高評を得ているという。昨年には、ワキ汗対策に悩む人に向け、ウォータープルーフ処方と高密着成分を配合したBan史上No.1の密着力の「Ban 汗ブロック プラチナロールオン」を発売。流行に敏感な650万人のLIPSユーザーが選ぶ「LIPS ベストコスメ 2020年上半期 デオドラント・制汗剤部門第1位」に「無香性」が選ばれた。

 忙しい女性達からは「仕事や外出で汗をかく機会が多いと、夜には制汗剤が落ちていないか不安になり、ニオイ・汗ジミが気になってしまう」という声があるという。これらの声をもとに、「汗・ムレ・こすれで制汗剤は落ちやすい」という事実に着目した。

 そこで今回、「Ban 汗ブロックプラチナロールオン」の特長である1日中落ちにくい「超耐久」を強調したパッケージにリニューアルし、改良新発売するという。

 同品は、ナノイオン制汗成分ACH(クロルヒドロキシアルミニウム) が汗の出口にしっかりフタをして、汗ジミやニオイの原因となるワキ汗を出る前にしっかり抑えるとのこと。ウォータープルーフ処方(せっけんやボディソープでやさしく落とせる)と高密着成分(無水硫酸 Na;基剤)の配合によって、ワキの下の“ムレ”や、服やワキの動きによる“こすれ”に強いのだとか。殺菌成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)がニオイ菌を殺菌し、一日中しっかりワキのニオイを防ぐ。嫌なニオイを目立たなくする「ハーモナイズド香料」と、ニオイ吸着成分として「ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン」を配合している。また、ユーカリエキス(香料)を新配合した。ピタッと密着・サラッと速乾ロールオンタイプとなっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]1月

ライオン=https://www.lion.co.jp/ja/


このページの先頭へ