美容・化粧品

ロゼット、通信販売限定ブランド「ロゼット素肌美システム」から泡タイプの乳液「炭酸ミルク」を発売

2020.10.16 15:56 更新

 ロゼットは、厳選した成分と自然な使い心地で女性の素肌美を叶える通信販売限定ブランド「ロゼット素肌美システム」から、炭酸効果で肌を高密度な潤いで満たす泡タイプの乳液「炭酸ミルク」を11月2日から発売する。

 今年で13年目を迎える「ロゼット素肌美システム」は、スキンケアで女性が幸せになることを願い、2008年3月3日に誕生した通信販売限定のトータルケアブランドとのこと。素肌美の基本となる潤いを主軸に、“シンプルさの中にも美白(メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ)・エイジングケア(年齢に応じたうるおい・ハリのケア)まで機能性を兼ね備え、常に消費者の声に耳を傾けたアイテムづくり”を実践し続け、多くの人々に支持されているという。

 これまでたくさんの喜びの声が寄せられる一方で、「スキンケアの効き目が感じにくいときがある」、「肌の固さやごわつきが気になる」、「色白なのにくすんでいる(乾燥によるキメが乱れた肌状態)感じがする」、「温泉帰りの素肌が理想」といった、肌全体の印象や毎日のスキンケアに関する悩みや要望も多く寄せられた。こうした人々からの意見を参考に、今回ロゼットでは新たなアイテムの開発に着手。“潤いの巡り”に着目し、高濃度炭酸を配合した泡タイプの乳液「炭酸ミルク」を発売いたします。

「炭酸ミルク」では、肌への浸透※5と潤い効果を高めるため、高濃度(高濃度炭酸泉に含まれる炭酸は1000ppm(お湯1Lあたり炭酸1g含有)以上だが、「炭酸ミルク」にはその7~9倍ともなる7000~9000ppmの高濃度で炭酸を配合している)の炭酸ガス(二酸化炭素)を肌になじみやすいミルク剤型に溶け込ませる処方を採用した。さらに高い保湿力を持ち、年齢肌の悩みにもアプローチする美容成分を贅沢に配合した。炭酸泡のミルクが美容成分を肌すみずみ(角層まで)まで満たすように届けて潤いを巡らせ、閉じ込める。ふんわりとやさしく肌を包み込むような、心地よい使用感が特長の泡タイプの乳液となっている。

 「炭酸ミルク」は、みずみずしさと濃密な潤いをあわせ持つ、高濃度炭酸を配合した泡タイプの乳液。炭酸を含んだ微細な泡が潤いの巡りをサポートする。肌すみずみまで潤いで満たし、こわばりがちな肌をやわらげ、まるで温泉帰りの肌のように、しっとりやわらかな肌へ導く。

 肌への浸透と潤い効果を高めるため、高濃度の炭酸ガス(二酸化炭素)を配合した。密度の高い泡が隙間なく肌に密着して潤いの土台を整える。

 肌なじみの良いO/W(オイルインウォーター=水中油型)処方を採用。みずみずしさと濃密さをあわせ持つミルクが水分・油分・保湿成分のバランスをキープして、こわばりがちな肌をやわらげる。

 ハリ不足等の年齢肌の悩みにアプローチする厳選した美容成分を96.8%配合(精製水含む)している。

[小売価格]4000円(税別)
[発売日]11月2日(月)

ロゼット=https://corporate.rosette.jp/


このページの先頭へ