美容・化粧品

アデランス、「アデランス銀座」の1階部分を改装リニューアルし「ビューステージ銀座」としてオープン

2020.09.17 18:26 更新

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業のアデランスは、「アデランス銀座」の1階部分を改装リニューアルし、9月16日に、美と健康をテーマにした「ビューステージ」ブランドのフラッグシップショップ「ビューステージ銀座」として新たにオープンする(並木通り側の店舗部分)。なお、ソニービル通り側の店舗は「フォンテーヌ銀座」としてリニューアルする。

 同社は創業以来、髪の専門家として髪の悩みを抱えている消費者をサポートしてきた。その経験やノウハウを毛髪だけではなく、スキンケア、スカルプケア、ボディケア、ヘルスケアなど本質的なトータルビューティのサポートに活かすため、先端美容をテーマにした「ビューステージ」ブランドを立ち上げ、最新技術を駆使した美容機器の開発・販売等を行ってきた。

 今回、「ビューステージ」ブランドのフラッグシップショップ「ビューステージ銀座」を、美容の先端技術が集まるエリアである銀座にオープンする。同店舗では毛髪、美容、健康、医療をテーマに、美容機器のタッチ&トライコーナーやコスメ・ヘアケア商品の販売に加え、ヘッドスパなどのリラクゼーションサービスも提供する。なお、並木通り側の店舗半分は、主にレディメイド・ウィッグを扱う「フォンテーヌ銀座」として営業を行う。

 「ビューステージ銀座」のオープンを記念し、オリジナル商品「ビューステージ原液美容液(「原液美容液」とは、美容成分自体が希釈されていない状態を指す)」3種類を店舗限定で発売する。「ビューステージ原液美容液」は、普段のケアにプラスして使用できる美容液で、肌に潤いが欲しい人向けの「ビューステージ HA セラム」(ヒアルロン酸ナトリウム)、日やけによるシミ、ソバカスを防ぎたい人向けの「ビューステージ AG セラム」(ビタミンC誘導体=アスコルビルグルコシド:保湿成分)、肌にハリを与えたい人向けの「ビューステージ PG セラム」(プロテオグリカン)の3種類を用意する。

 「ビューステージ銀座」の主な取り扱い商品・サービスは、先端技術を用いて開発した、同社の美容機器など体験できる、無料のタッチ&トライコーナーを用意した。また、ヘアケアを中心にスキンケアやインナーケアをサポートするメニューも豊富に用意した。同社が長年培ってきた毛髪や頭皮の知識を活かしたドライヘッドスパの他、美容機器を使用した「フェイスリッチ」など、消費者の悩みに合わせて最適なメニューを組み合わせて提案する。

 大人のゆらぎ肌に配慮したコスメシリーズ「BeauStage Cosmetics(ビューステージ コスメティック)や洗顔美容機器の「VigiCo」シリーズなどトータルビューティをテーマにセレクトした商品を販売する。また、同社の研究パートナーであるARTISTIC&CO.の美容機器や化粧品、「エステプロ・ラボ」ブランドの酵素ドリンクやダイエットサプリなども取り扱う。

[「ビューステージ銀座」「フォンテーヌ銀座」店舗概要]
所在地:東京都中央区銀座五丁目4番7号 銀座サワモトビル 1F
アクセス:地下鉄「銀座駅」から徒歩2分、JR「有楽町駅」中央口から徒歩5分
電話番号:「ビューステージ銀座」03-3289-3777、「フォンテーヌ銀座」03-3289-1401
営業時間:「ビューステージ銀座」11:00~20:00、「フォンテーヌ銀座」10:00~19:00
定休日:無休(年末年始のみ)
オープン日:9月16日(水)

アデランス=https://www.aderans.co.jp/


このページの先頭へ