美容・化粧品

花王、くせ・うねり髪でも365日使うたびに扱いやすくなるヘアケア新ブランド「エッセンシャル flat」を発売、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんも一度で効果を実感できると絶賛

2019.07.10 16:07 更新

 花王は、10月19日から、髪のくせ・うねりに内側から働きかける独自処方で、くせ・うねり髪でも365日使うたび扱いやすくなる新シリーズ「エッセンシャル flat(フラット)」を発売する。また、くせ髪分析と手入れ方法を提供するLINE公式アカウント「flat ヘアサロン」を開設する。7月8日に行われた新製品発表会では、同社の毛髪研究の成果を集結した初めてのくせ・うねり髪専用シリーズであることを紹介した他、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが、くせ・うねり髪に悩むモデルのスタイリング実演を行い、扱いやすく、形づけしやすくなった髪の手入れ法などをアドバイスした。

 「ヘアケアインバス市場の規模は約2000億円と直近は伸び悩み傾向にある」と、花王 ヘアケア事業部 小林恵美ブランドマネジャーが挨拶。「一方で、自己実現ニーズの高まりとともに、プレミアム価格帯以上の構成比が拡大している」と、気に入ったものや好きなものには対価を払う傾向にあるとのこと。「しかし、ヘアケアインバス市場においては、ノンシリコーンや天然成分で商品提案が同質化しており、市場の活性化には至っていない」と、プレミアム価格帯の商品は似たり寄ったりのものばかりで市場全体を引き上げるほどのマインド力に欠けていると指摘する。「そこで、機能や成分にとどまらず、生活やマインドまで向上させる新しい価値を提案することで、当社では市場の活性化を目指す」と、新たな価値を提案していくと意気込む。

 「そして、ヘアケアからヘアライフマインドの向上を目指すべく、5月にはワタシをカスタマイズする『and and』を、7月には髪も地肌も、心もおしゃれでピュアに導く『merit PYUAN』を上市した。10月には、くせ・うねり髪でも365日扱いやすく、気持ちまでフラットになる『エッセンシャル flat』を発売する」と、生活価値やマインドの向上を目指す商品のラインアップを強化しているとのこと。「『エッセンシャル flat』は、くせ・うねり髪のことを本気で考えた365日扱いやすく、形づけやすくする、ゆるがないフラットな毎日に変えることを目指した商品となっている」と、新商品について紹介した。

 「くせ・うねり髪の悩みをもつ人は、約2人に1人で、扱いにくい髪質とされている」と、まとまりにくさや、浮き毛・ハネ毛、広がり、ゴワつきなどにくせ・うねり髪の人は悩んでいると指摘する。「こうした現状を打破しようと、くせ・うねり対策商品を使っているものの、満足していない人が多く、日々のくせ・うねり髪と格闘していることがわかった」と、同社が今年3月に実施した調査を紹介。「調査結果から、長時間のスタイリングでダメージが発生し、さらに扱いにくくなる負のスパイラルに陥っていることも明らかとなった」と、くせ・うねり髪ならではのストレスを軽減するために、過剰なケアが髪にダメージを与えていることがわかったのだという。

 「そこで、くせ・うねり髪のヘアケア行動に着目。熱を味方につけた新たなアプローチで本質的ケアを提案する」と、逆転の発想によるケアを提案するべく、商品を開発したとのこと。「『エッセンシャル flat』では、“くせ・うねりときほぐし成分”が髪内部に浸透。ドライヤー・アイロンなどの熱に反応し、髪が扱いやすくなる」と、翌朝、ドライヤー・アイロンなどの熱に反応し、髪を扱いやすくしてくれるのだという。「『エッセンシャル flat』によって、くせ・うねり髪でイライラしている人に対して、心や気持ちも変えてもらいたいと思っている」と、ヘアライフマインドを向上させるアイテムとして多くの人に愛用してもらいたいと訴えた。

 次に、くせ・うねり髪の本質研究と熱を味方につける新技術について、花王 ヘアケア研究所の渡邊俊一主任研究員が説明した。「2006年に230名の日本人女性の毛髪形状実態調査を行った結果、一見、直毛に見えるが、実はくせ毛が混じった髪が多数いることがわかった。さらに、加齢によって、くせ・うねり毛は増加することも明らかになった」と、日本人女性のくせ・うねり毛の割合は高いのだと指摘する。「くせ・うねり毛の原因は、2種類のコルテックス細胞の分布の偏りが、毛髪の形に関係していることを解明した」と、2種類の細胞が偏って分布しているのがくせ毛なのだと説明する。「また、くせ・うねり毛のスタイリングでは、熱器具を使い、時間・手間をかけてスタイリングし、自分なりの工夫はしているが、上手くいかないのが実状だ」と、仕上がりに満足していない人がほとんどなのだと訴える。

 「そこで、くせ・うねり髪のヘアケア行動に着目し、熱を味方につける形状ケアで、安定した美髪を提供できないか考えた」と、新たな技術の開発の着眼点について紹介。「毛髪が形づくメカニズムに関する新知見として、毛髪細胞の細胞間に存在するCMC(細胞膜複合体)が髪の形づけやすさを左右することに着目。CMCは、熱を加えることによって脂質層が柔軟化し、形づけやすくなる性質があることがわかった」と、熱ダメージなどで髪が傷むと、脂質が流出してCMCが硬くなり、柔軟性のない形づけしにくい髪質になることが明らかになったのだという。「この結果、くせ・うねり毛を、熱で扱いやすく形づけやすい状態に変えるべく、くせ・うねりときほぐし成分を配合した」と、CMCを通じて、毛髪内部まで自発的に拡散、浸透し、熱スタイリング時に、毛髪内部を均質に柔軟化してくれるとのこと。「くせ・うねりときほぐし成分は、加熱時にCMCの柔軟化を促進し、高い形状付与効果を発揮する」とのこと。「また、あらゆる熱スタイリング方法で、安定した美髪を提供する」と、くせ・うねりときほぐし成分の形状付与効果について言及した。「洗髪後もくせ・うねりときほぐし成分の約70%が髪に残留し、連用によって、さらに髪が扱いやすくなる」と、連用効果で7回処理時には、差がはっきり出ているとのこと。「いつものスタイリングをするだけで、髪全体のくせ・うねりが抑えられ、毛先までまとまる」と、くせ・うねり髪で悩む人々のスタイリングへの満足度向上に寄与していきたい考えを示した。

 LINE診断サービス「flatヘアサロン」サービスについて、花王 ヘアケア事業部の横野涼子氏が紹介した。「くせ・うねりの『部位』『状態』は、人それぞれ一人ひとりに合わせた対処が必要となる。そこで、8296通りのくせ・うねり髪分析『flatヘアサロン』を開設した」と、くせ髪分析と手入れ方法がチェックできるサービスを展開するという。「このサービスによって、自分のくせをしっかり分析することができる」とのこと。「また、タイプ分類と最適な手入れ方法も提案してくれる」と、くせにあったケア法をアドバイスしてくれる機能も搭載していると教えてくれた。

 そして、スタイリングデモンストレーションとして、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが登場し、くせ・うねり髪で悩むモデル女性のスタイリングについてアドバイスした。まず、「エッセンシャル flat」について、長井さんは、「1回のヘアアイロンでしっかり髪を伸ばしてくれる」と、根本からストレートに変えるスタイリングが楽しめる製品だと訴える。「ヘアアイロンなどを使って髪を伸ばした後に、櫛で浮き毛を寝かせるように整えると、より美髪に見える」と、ワンポイントアドバイスもしてくれた。最後に長井さんは、「たくさんの女性の日常を楽にしてくれるアイテムだと思う。1回の効果が本当に素晴らしい。使い続けることで、さらに髪質が変わっていくことが実感できると思う」と、「エッセンシャル flat」を使うことで、髪を結びたくなくなり、何度も触りたくなる髪に導いてくれると語っていた。

[小売価格]オープン価格
[発売日]
オンライン先行:8月5日(月)
一般発売:10月19日(土)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ