日用品・生活雑貨

大王製紙、リサイクルパルプを使用した「エルヴェール ペーパータオル」のパッケージをフィルム包装から紙包装に刷新し発売

2022.09.01 16:05 更新

 衛生用紙製品No.1ブランド(インテージSRI+ ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、ペーパータオル市場の合算(2021年度メーカー別売上金額))の「エリエール」を展開する大王製紙は、リサイクルパルプを使用した「エルヴェール ペーパータオル」のパッケージをフィルム包装から紙包装に刷新し、さらに環境にやさしくなった「エルヴェール ペーパータオル 紙包装 シングル 200枚」を9月21日から発売する。

 ライフスタイルの変化に伴う在宅時間や調理頻度の増加に伴い、2021年度のペーパータオル市場は2019年度比で約190%(インテージSRI+ 2019年4月~2022年3月(金額ベース))(2019年61.8億円→2021年118億円)にまで拡大している。

 同社では、2003年からリサイクルパルプ100%の環境にやさしい紙製品ブランド「エルヴェール」を展開し、主にプロフェッショナルユースとして多くの消費者に利用されている。近年の一般家庭における衛生意識の高まりや需要の広がりを受け、今回、「エルヴェール」ブランドから初となる家庭向け専用商品を発売する。新たにパッケージに紙包装を採用することで、プラスチック使用量を約32%削減し、より環境にやさしい商品をめざした。

 これまで主にプロフェッショナルユースとして販売してきた「エルヴェール」だが、今後より多くの人々に利用してもらえるよう、環境配慮型でありながらも手に取りやすい商品としての新たな提案を続けていく考え。

 商品については、パッケージを従来のフィルム包装から紙包装にすることで、プラスチック使用量を約32%削減し、環境に配慮した仕様に変更した。撥水性のある紙包装を用いることで水回りでもよれにくく、家庭でのインテリアにマッチしやすいナチュラルなデザインとスリムな形状に仕上げている。

 ペーパータオルには水に強い「ウエットクレープ製法」を採用。クレープとは紙に施す“しわ”を指しており、クレープをつけることで紙に伸縮性や吸水性をもたせている。リサイクルパルプを乾燥させる前にクレープをつけることで、紙厚が高くしっかりした風合いとなり、水にぬれても破れにくい快適な拭きごこちが実現した。今後も、生活者の人々のニーズに応えるエコ商品ブランドとして「エルヴェール」を届けていく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月21日(水)

大王製紙=https://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ