日用品・生活雑貨

カリモク家具、Kチェア60周年記念 47都道府県・ご当地Kチェアを発売

2022.08.04 13:11 更新

 カリモク家具は、カリモク60(ロクマル)ブランドの人気商品「Kチェア」が、発売から60周年を迎えることを受け「47都道府県・ご当地Kチェア」のアイデアを一般の消費者から公募し、今回3つのアイデアを商品として発売する。

 カリモク家具は1940年に創業し、刈谷木材工業を1947年に設立した。刈谷木材工業では、1960年代から木製家具づくりをはじめ、今日のカリモク家具に至っている。同社家具製品の第一号とされる#1000はKチェアの原型モデルで1962年に発売されており、今年60周年を迎える。

 Kチェアは、カリモク60(ロクマル)ブランドのコンセプトであるロングライフデザイン(普遍的なデザイン価値)を示す代表商品とのこと。1960年代から生産販売され、廃番になることなく、今日にも多くのファンを魅了するチェアとなっている。

 60周年を記念し、広くエンドユーザーとつながり、Kチェアの特別仕様商品をつくりたいとの思いから「47都道府県・ご当地Kチェア企画」として、ご当地の想いや特徴を盛り込んだアイデアを昨年、一般公募した。応募状況は、一般の消費者から115アイデア、取扱店からは37アイデアの合計152アイデアとなり、その中から審査を行い、入賞作とし3アイデアを商品化することが決定した。

 いずれのアイデアも、今までのKチェアにはないスタイリングとなっており、地域性を感じてもらえるチェアとなっている。

[発売日]8月6日(土)

カリモク家具=https://www.karimoku.co.jp/


このページの先頭へ