日用品・生活雑貨

ジンズ、ロードサイド店舗「JINSノブレスパルク袋井店」をオープン

2022.07.26 16:04 更新

 ジンズ(以下、JINS)は、静岡県袋井市初出店となるロードサイド店舗「JINSノブレスパルク袋井店」を7月29日からオープンする。

 2001年にアイウエア事業に参入して以来、それまでの常識を打ち破る価格体系や高いデザイン性、視力矯正以外の付加価値を持たせた商品開発など、新しい価値を提供することで成長を続けてきた「JINS」。定番からトレンドのフレームまで幅広く取り揃え、高品質の薄型非球面レンズ代込みで5500円から提供している。

 JINSブランド立ち上げ20周年を迎えた昨年には、全国47都道府県への出店を達成。そして今回、静岡県袋井市初の出店となるロードサイド店舗「JINSノブレスパルク袋井店」をオープンする。静岡県内の店舗としては12店舗目となる。

 静岡県の西部に位置し、全国的にも日照時間が長く、山地には美しい茶畑が広がる袋井市。店舗は、JR袋井駅南口から程近い複合商業施設「ノブレスパルク袋井」の敷地内にオープンする。店舗の設計は、静岡を拠点に活動する設計事務所2id Architectsが担当。黒を基調としたシックな外観から店内へ入ると、本物の茶葉が埋め込まれた特徴的な一面の床が消費者を出迎える。茶葉は、静岡県西部地方で生産され、通常であれば使用後に廃棄されるものを再利用した。上から透明なエポキシ樹脂で茶葉を床材に封入することで、地域性を取り込んだ店舗の一部として生まれ変わった。また壁面も茶畑をイメージしたグリーンのタイルで仕上げている。

 さらにオープン時には、イラストレーターYunosuke氏を起用。その昔、袋井市が東西から行き交う人々の宿場所として賑わっていたことからメガネをかけた飛脚と、茶屋をイメージしたグラフィックを採用した。

 JINSは、これからも地域の特性を活かしたロードサイド店舗を出店することで、地域の人々に愛されるアイウエアブランドを目指していく。

[店舗概要]
店舗名:JINSノブレスパルク袋井店
オープン日:7月29日(金)
営業時間:11:00~20:00
所在地:静岡県袋井市高尾3000番地
展開本数:約1100本
店舗面積:50坪

ジンズ=https://www.jins.com/jp/


このページの先頭へ