日用品・生活雑貨

大王製紙、高機能不織布カラーマスク「エリエール ハイパーブロックマスク エリカラ 7枚入り」を発売

2022.07.28 20:14 更新

 衛生用紙製品No.1ブランド(インテージ SRI+ ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、ペーパータオル市場の合算(2021年度メーカー別売上金額))の「エリエール」を展開する大王製紙は、高機能不織布カラーマスク「ハイパーブロックマスク エリカラ 7枚入り」を8月10日から発売する。なお、昨年11月から販売中の30枚入りの商品名を従来の「リラカラ」から「エリカラ」(エリエールのカラーマスクの意)に順次、変更する。

 不織布マスク市場のカラーマスク構成比は、昨年11月の16.0%から今年4月には22.2%まで増加(インテージ SRI+ 不織布マスクセグメント別主要メーカー売上構成比からの当社推計(2021年11月~2022年4月))。同社が定期的に実施している「マスクに関する意識調査(同社調べ「マスクに関する意識調査」(第6回:2022年4月実施、第5回:2021年11月実施))」の2022年4月調査では、カラーマスクの購入経験率に関して、女性は66.4%、男性は51.8%、20代男女はともに71.0%という数値で、男女ともに増加傾向にある。一方、不織布マスクを購入する際の「入り数」の調査では、昨年11月調査と比べて「50枚以上」が減少(66.7%→41.3%)し、「10枚以下」の増加(17.2%→22.0%)が見られた。

 カラーマスクへの需要の高まりと、不織布マスク購入の際の入り数の減少が見られたことや、ユーザーからも少数の入り数を望む声が多く届いたことから、今回、袋形状の7枚入りを新たに発売する。政府が5月20日に発表した「マスクの着用の考え方および就学前児の取扱いについて」によると、今後、屋外でのマスク着用時間は減りつつも、建物内や人混みでは基本的に必要となることから、メリハリのある着用が求められる新しいマスク習慣に合わせ、生活者が手に取りやすい入り数を提供していく。

 “いろどり優しく、つけごこち軽やか”がコンセプトの「エリカラ」は、機能性の高さと肌なじみのよいやさしい色合いが人気の不織布カラーマスクシリーズとなっている。紙おむつの伸縮技術を応用した「やわらかフィット耳掛け」や、マスク内のムレを軽減する高通気性素材の採用、ウイルス飛沫や花粉などをしっかりブロックするフィルター性能を備えながらもリーズナブルな価格を実現した。ファンデ汚れも目立ちにくいナチュラルな「ピンクベージュ」、肌の色を自然にトーンアップする「ローズ」、ビジネスシーンでも違和感のないシックな印象の「グレー」、肌になじんで白浮きしない「ナチュラルホワイト」の4色は、個性やファッション性も表現できる色で、さまざまなシチュエーションにもマッチする。今回、より安心・安全に日常使いしてもらえるようJIS適合表示を追加。これからの新しいマスク習慣に合わせ、「エリエール」ブランドが届ける国産カラーマスク「エリカラ」をぜひ試してみてほしい考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月10日(水)

大王製紙=https://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ