日用品・生活雑貨

大王製紙、「エリス 素肌のきもち M / mika ninagawa コラボ企画品」など数量限定で発売

2022.06.17 20:16 更新

 衛生用紙製品No.1ブランド(インテージSRI+ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、ペーパータオル市場の合算(2021年度メーカー別売上金額))の「エリエール」を展開する大王製紙は、写真家・映画監督の蜷川実花氏が手がける「M / mika ninagawa」とコラボレーションした生理用ナプキン「エリス 素肌のきもち」(17商品)、「エリス コンパクトガード」(10商品)を7月1日から数量限定で発売する。

 昨年4月、“憂鬱になりがちな期間に使用する生理用品だからこそ、少しでも気分を上げられる商品を作りたい”という「エリス コンパクトガード」の想いと、“生理を取り巻く環境を少しでも明るくしたい”という蜷川実花氏の想いが一致して実現した「エリス」×「M / mika ninagawa」の業界初コラボレーション。“おうちにあるだけで、カバンに入っているだけで気持ちが上向きになるようなデザイン(by 蜷川実花氏)”は、従来の生理用品の常識や価値観にとらわれない鮮やかなパッケージが話題となり、大きな反響を得た。

 そして今春、「だれかではなく、あなたのそばに。」という新しいブランドメッセージのもと、一人ひとりに寄り添うブランドに刷新した「エリス」と、「M / mika ninagawa」のコラボデザイン第2弾が実現した。新たに「エリス 素肌のきもち」をラインアップに加え、写真をベースにしたフラワーモチーフのデザインも昨年の6種から15種とスケールアップする。“生理用品らしくない”華やかなデザインで、一人ひとりが“あなたらしく”いられるよう、寄り添っていく考え。

 新たにラインアップに加わった「エリス 素肌のきもち M / mika ninagawa コラボ企画品」は、ナプキンの長さに応じて異なるフラワーデザイン全8種を展開。エリスとしては初めて不織布にカラープリントした個包装を採用し、肌にやさしい機能性と鮮やかかつやわらかい印象のデザインで、やさしい品質の生理用品を求める人のニーズに応える。

 「エリス コンパクトガード M / mika ninagawa コラボ企画品」は、ヴィヴィッドな色合いが特徴的な全7種のグラフィックを揃えた。生理用品の概念を変える鮮やかなデザインで、憂鬱になりがちな生理中の気分を高める。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月1日(金)

大王製紙=https://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ