日用品・生活雑貨

HARIO、お茶を愉しむためのドリッパー「茶茶ドリッパー・ブーケ」を発売

2022.04.04 18:48 更新

 HARIOは、ハンドドリップで日本茶を楽しんでもらうべく、新しい淹れ方でお茶を愉しむためのドリッパー「茶茶ドリッパー・ブーケ」を発売する。

 この春、HARIOはコーヒーのようにハンドドリップで淹れる、新しいお茶のスタイルを提案する。もうすぐ新茶の季節。今年の新茶はハンドドリップで愉しんでみてほしい考え。

 日本茶といえば、急須に茶葉とお湯を注いで淹れるのが一般的だが、「茶茶ドリッパー・ブーケ」は、まるでコーヒーのようにハンドドリップでお茶を淹れるためのドリッパー。「コーヒードリッパーで、コーヒー粉の代わりに茶葉をドリップするだけでは」と、思われそうだが、HARIOならではのこだわりの機能があるのだという。

 淹れ方はとてもシンプル。コーヒーを淹れる時と同じように、ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、杯数分の茶葉を入れたら少量のお湯を注ぎ、しっかりと蒸らす。そして、ゆっくりとお湯を注ぐと、ホルダーの小さな穴からお茶が滴下する仕組みとなっている。この小さい2つの穴がポイントだとか。穴の合わせ具合によって、抽出するスピードが変えられる仕組みとなっている。そのため、煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶、紅茶と、茶葉の種類よって抽出する速度を変えられる。

 また、ペーパーフィルターを使用するので、抽出されたお茶はスッキリとしたクリアな味わいが特長となっている。さらに、ドリップした後の茶葉はペーパーフィルターごと捨てられるので、後片付けが簡単だとか。急須で淹れた後、茶葉を捨てる際の手間がないのも便利だという。ドリッパーは耐熱ガラス製なので、お茶の抽出具合や色がよくわかる。

 お茶の色合いを見ながら、ハンドドリップで、ゆっくりと。この春、HARIOの新しいスタイルで、お茶の時間を愉しんでほしいという。

[小売価格]
茶茶ドリッパー・ブーケ:1980円
茶茶ドリッパー・ブーケ サーバーセット:3300円
(すべて税込)

HARIO=http://www.hario.com/


このページの先頭へ