日用品・生活雑貨

大王製紙、大人用紙パンツ「アテント かくさないパッケージ」を店頭発売用にリニューアル

2022.03.28 16:52 更新

 衛生用紙製品No.1ブランド(インテージSRI+ ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、ペーパータオル市場の合算(2020年度メーカー別売上金額))の「エリエール」を展開する大王製紙は、ユーザーの声を聞きながらパッケージをデザインした大人用紙パンツ「アテント かくさないパッケージ」を昨年11月にECサイト限定で販売開始する。そして今回、「どこでも買えるようにしてほしい」の声に応え、店頭発売用にリニューアルし、4月21日から全国の小売店で発売する。

 「アテント」は超高齢社会が進む日本において、「ひとりひとりを、ひとりにしない」という理念とともに、誰もが孤立せず、頼れる場所があり、助け合える、地域共生社会の実現に向けた取り組みを始めている。2020年から「#常識をはきかえよう」と呼びかけ、さまざまな世代や立場から大人用紙パンツに関する本音や意見を集めてきた。その中で、「店頭での購入時や持ち帰るときに恥ずかしい」「パッケージをもっとおしゃれにしてほしい」という声が多く寄せられたため、昨年6月から「かくさないパッケージをつくろう」プロジェクトを開始。SNSや公式サイト、座談会を通して声を集め、対話を重ねながら、デザインを企画・決定した。堂々と持ち歩ける「アテント かくさないパッケージ」としてWEB抽選による販売を1000個限定で実施した。抽選には、予定数を上回る応募があり、購入者から「シンプルで素敵、部屋に置いても気にならない」など、好評を得たという。さらに「いつでも購入できるようにしてほしい」などの声を受け、昨年11月11日の「介護の日」にエリエールオンラインショップ他、ECサイト限定で一般販売をスタート(2021年11月11日発売の「アテント 下着爽快プラス 超うす型パンツ(かくさないパッケージ)」はオンラインショップで数量限定販売を継続)。そして今回、「どこでも買えるようにしてほしい」の声に応え、誰でも手軽に購入できるようにという想いから、全国の小売店で店頭発売する。

 「アテント かくさないパッケージ」のデザインには、「明るく、前向きになれる色や絵が描いてあるもの」、「男性も女性も恥ずかしくなく持てる」といった生活者の意見を反映している。大人用紙パンツを隠すのではなく、美しくデザインすることで、堂々と持ち歩けるような世の中の空気へと変えていきたい、という願いのもと、抽象的なデザインの白い部分は、パンツのフォルムとなっている。また、個性と調和を意識した明るい気持ちになれる配色を目指しつつ、どんな部屋に置いてもなじむ優しいアースカラーを採用した。さらに今回の店頭発売に向けて、サイズ、吸収回数、枚数など、必要な情報を表面に記載することで、おしゃれなパッケージでありながするします。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月21日(木)

大王製紙=https://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ