日用品・生活雑貨

スリー・アールシステム、ボトル取付け式の自動ディスペンサー「イージーキャップ」の予約販売を開始

2022.03.18 12:58 更新

 スリーアールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリー・アールシステムは、3月15日から、ボトル取付け式の自動ディスペンサー「イージーキャップ」の予約販売を開始した。

 「イージーキャップ」とは、ボトル上部に取り付けるだけで、ボトルがタッチレス式のディスペンサーに早変わりするキャップとのこと。手持ちのボトルに「イージーキャップ」を取り付けることで、本体に手を触れることなく、液体・泡・霧の中から好みの形状で中身を使用することができる。

 新型コロナウイルス感染症の拡大から丸2年が経ち、日常生活で当たり前のように「タッチレス」に触れるようになった。顔認証やスマート決済など「タッチレスエコノミー」というビジネストレンドも高まり、今後タッチレス文化はますます広がりを見せると考えられる。

 そんな中、私たちの多くが毎日使用するソープディスペンサーやアルコールディスペンサーは、まだまだプッシュ式のものが大半となっている。特に家庭や小規模な店舗などでは、タッチレス式のディスペンサーは敷居が高いのが現状。そのような背景から、同社ではボトルに取り付けるだけで使えるタッチレスディスペンサーキャップ「イージーキャップ」の予約販売を開始した。

 「イージーキャップ」の特長は、ボトルに取り付けて使う、タッチレスの自動ディスペンサーとのこと。液体、泡、霧の3タイプを展開する。1度に出る量を3段階で調節可能とのこと。アタッチメントで市販のほぼすべてのボトルに対応(28mm、32mm、40mm、42mmの口径サイズに対応)している。キッチンや洗面所でも安心の防滴性能「IPX6」だという。単4アルカリ乾電池2本で、約1万回使用可能となっている。直接ポンプに触れないから衛生的だという。

[小売価格]3290円
[予約開始日]3月15日(火)

スリー・アールシステム=https://3rrr-hd.jp/


このページの先頭へ