日用品・生活雑貨

ニューウェルブランズ・ジャパン、ガソリン式ランタン「ワンマントルランタン」をリニューアル

2022.02.18 12:13 更新

 ニューウェルブランズ・ジャパン コールマン事業部(以下、コールマン)は、2010年にロングライフデザイン賞を受賞しているガソリン式ランタン「ワンマントルランタン」をリニューアルして、2月から順次発売する。ガソリン式ランタンは、LEDランタンにはない優しく温かみのある明かりでサイトを照らす。点灯までのひと手間を含め、愛情を込めて道具を育む楽しさを感じられると多くのキャンパーに支持を得ている。適切なメンテナンスによって、長く使用できるため、親から子へと代々受け継いでもらいたいアイテムとなっている。

 日本で発売を開始した1980年代からほとんどモデルチェンジをすることなく発売を続けてきた286Aワンマントルランタンをリニューアルし、新色「コールマンレッド」を追加する。130W相当の明るさでテントサイトを照らす。基本構造は発売当初から変わることなく、メタルポンプキャップ、火力コントロールノブ、デカールの変更によって、今まで以上にクラシックなデザインに仕上がっている。

 発売当初からグリーンのみで製造していた286Aワンマントルランタンにコールマンレッドが登場する。286A以前のモデルにはコールマンを象徴するコールマンレッドが使用され人気があったという。しかし286Aワンマントルランタンが製造される少し前からホーロー製ベンチレーターを赤に塗装するための塗装液が世界的に使用禁止になり、グリーンへシフトしていった。あざやかなレッドの再現は大変難しかったが、その後の技術の進化で当時に近い色を再現することが可能になり、昨年120周年記念モデルをコールマンレッドで再現したことで、今年、286Aにレッドを採用することを決めている。変わらない中にも実は変わっていることがあるのだという。

[小売価格]各1万7800円(税込)
[発売日]2月から順次

コールマン=https://www.coleman.co.jp/


このページの先頭へ