日用品・生活雑貨

HOT TAB、重炭酸入浴剤「HOT TAB」の売上高が前年比約168%に、「中性重炭酸イオン水温浴」による冷え・睡眠の質の改善効果について論文発表

2021.11.15 19:27 更新

 ホットアルバム炭酸泉タブレット(以下、HOT TAB)は、2021年7月期(2020年8月~2021年7月)の売上高が前年比約168%と伸長したことを発表した。主力商品の「HOT TAB(ホットタブ)」シリーズが好調で、在宅時間の長期化にともない、入浴時間が確保できるようになったことや免疫力、健康などへの関心が高まったことが要因と考えている。なお、9月にHOT TAB公式online shopで先行発売した重炭酸入浴剤「HOT TAB」を11月から販路を拡大し、ドラッグストアやバラエティショップなどでも販売開始しており、これによって、さらなる売上拡大を目指す。また、11月8日には、同社と鶴見大学斎藤一郎教授らの研究成果として、「中性重炭酸イオン水温浴」による冷え・睡眠の質の改善効果について論文発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、外出を控え、自宅にいる時間が増えた。そのため、今年は“おうち時間”を充実させるためにさまざまなアイテムがヒットした。そして、同社の主力商品である重炭酸入浴剤「HOT TAB」シリーズも多くの人々に支持され、昨年8月から今年7月の売上が前年比約168%と大きく伸長したという。

 同社では、重炭酸入浴剤「HOT TAB」を使った“NUCSS(ナクス)健康浴”を推奨している。“NUCSS健康浴”とは、化学物質をできるだけ排除し自然による健康づくりを実現する、新しいレスケミカル重炭酸温浴習慣とのこと。化学合成洗剤を使わず、古来から優れた洗浄力で知られる重曹とクエン酸を主成分とする「HOT TAB」を浴槽やシャワーヘッドにセットし、重炭酸イオンを発生させ、それが溶け込んだ湯に浸かったり、体や髪を洗ったりする入浴法となっている。

 重炭酸イオンの溶け込んだ湯に浸かることと、化学物質で洗わない入浴環境で、副交感神経が優位となるリフレッシュ状態を目指す。重炭酸イオンが体に与える良い影響はもちろん、温浴効果で血行が促進され体が温まるという。また、肌の皮脂セラミドバリアを、化学洗剤での洗いすぎによる破壊を招かないため、肌や頭髪のツヤもイキイキ保たれるとのこと。

 同社と、鶴見大学斎藤一郎教授らが進めている研究の一環として「中性重炭酸イオン水温浴」の効果についての検討を行ったところ、「中性重炭酸イオン水温浴」は、血管内皮への一酸化窒素(NO)産生促進によって血流が促進され、体温の上昇とともに冷え・睡眠の質改善が確認されたという。この結果から、血行不良にともなう循環器領域の様々な臨床症状改善への可能性が示された。同研究は、Nature Research(ネイチャー・リサーチ)社が刊行する国際的な学術誌「Scientific Reports(サイエンティフィック・リポーツ)」誌に11月8日付けで掲載されている。

 炭酸泉温浴の効果のメカニズムとして、従来、生体内の中性pHが環境下で溶存無機炭素として存在する重炭酸イオンの関与が想定されていることから、同研究では「中性重炭酸イオン水温浴」による重炭酸イオンの経皮吸収と血管内皮細胞に与える直接的な血流促進作用について解析を行った。

 その結果、マウスの試験において対照群と比較して有意に血流を増加させ、その血液中の重炭酸イオン量や末梢血管における内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)のリン酸化を介した一酸化窒素(NO)産生量は増加傾向を認めた。さらにヒト臍帯動脈内皮細胞(HUVEC)を用いた試験では、重炭酸イオンの存在下でeNOSのリン酸化の促進とNO産生の増加が検出され、加えて活性酸素種(ROS)消去活性は対照群に比べて有意に高い結果を得た。臨床実験では、冷えの自覚症状のある中年の男女を対象に実施した二重盲検ランダム化比較試験を実施し、「中性重炭酸イオン水温浴」による体温の上昇効果と冷え症状や睡眠の質に改善効果が認められた。

 これらのことから、重炭酸イオンは、経皮的に吸収されることで血管内皮への直接作用によってeNOSをリン酸化させ一酸化窒素(NO)産生の促進によって血流を促進させることが示され、血行不良にともなう循環器領域におけるさまざまな臨床症状の改善への有用性が示唆された。近年、低体温は免疫機能を抑制するとされており、「中性重炭酸イオン水温浴」は、健康寿命の延伸にとって重要な利点の一つであると期待されている。

 また、「HOT TAB」による“NUCSS健康浴”は、身体を健やかにするだけではなく、本来のバリア機能を守り、過度な洗浄を抑制することで、石鹸・ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、塩素カートリッジ、保湿クリーム、デオドラント、ヘアケア、スカルプケアといったアイテムを手放すことができるという。

 日本の水道水は0.1ppm以上という世界一高い塩素濃度といわれるが、「HOT TAB」は水道水に含まれる塩素を中和(塩素カット)するとのこと。また、無香料・無着色・塩素中和の「HOT TAB」は、赤ちゃんや肌の弱い人でも安心して使うことが可能となっている。さらに、追焚きをしても24時間濃度が持続されるため、経済的だとか。

 「HOT TAB」シリーズの商品ラインアップとしては、“NUCSS健康浴”のために開発されたホットタブの代表商品「薬用 HOT TAB WELLNESS(ホットタブウェルネス)」、温浴効果で運動後の筋肉疲労回復を効果的にする「薬用 HOT TAB RECOVERY(ホットタブリカバリー)」、HOT TAB専用のシャワーヘッドと合わせて使用し、シャワーでも“健康浴”を実現する「HOT TAB SHOWER(ホットタブシャワー)」の3タイプを用意している。

 「薬用 HOT TAB WELLNESS」は、HOT TABシリーズのシグネチャーともいえるスタンダードアイテム。一家に一つ、赤ちゃんから年配の人まで、幅広い年齢層のすべての人に適している。毎日入浴することで体温をアップ。さらには、副交感神経が優位に働くことで心身ともにリフレッシュできるため、健康づくりのベースアイテムとして活用してほしい商品となっている。

 「薬用 HOT TAB RECOVERY」は、体の疲労を効率的に回復するアスリートライン。アスリートや運動習慣のある人、セルフコンディショニングしたい人に適している。アルギニン、グリシンを配合し、筋肉疲労の回復を効率的に促進、疲れを翌日に持ち越させない。入浴によるリフレッシュ効果によって、極度の緊張状態が続くアスリートのパフォーマンスに寄与する。

 「HOT TAB SHOWER」は、健康にも美容にも効果的なアイテム。忙しくて入浴の時間がない人、シャワー派、冷えや美容が気になる人に適している。コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を配合し、全身を美容液で浴びたような効果を得られるという。ホットタブ専用のシャワーヘッドとセットで使うことでシャワーでも“健康浴”を実現。肌当たりの良さ、ヘッドスパのような心地良い頭皮ケアを体感できる。

[小売価格]
薬用 HOT TAB WELLNESS:9錠 990円/45錠 3960円/90錠 6930円
薬用 HOT TAB RECOVERY:9錠 990円/30錠 2970円/90錠 7260円
HOT TAB SHOWER:9錠 990円/30錠 2970円/90錠 7260円
[発売中]

ホットアルバム炭酸泉タブレット=https://tansan-kenko.com/


このページの先頭へ