日用品・生活雑貨

シック・ジャパン、再生可能な天然コルクをハンドル部に使用したカミソリ「コルクスホルダー」を発売

2021.09.18 20:08 更新

 ウェットシェービング国内トップシェア(インテージSRI調べ FY20年度(2019年10月~2020年9月)ウェットシェービング市場(カミソリ・シェービング剤市場の計)金額シェア)のシック・ジャパン(以下、シック)は、ウエルシアグループのウエルシア薬局と連携し、天然コルク使用のサスティナブルなカミソリ「コルクスホルダー」を、全国のウエルシアグループ約2200店舗で9月19日から発売する。

 「コルクスホルダー」は、ハンドル部分の85%を天然コルクで、15%を無毒な接着剤で成形したカミソリとのこと。樹木を伐採せずに樹皮のみを採取する天然コルクは、1本のコルク樫から約9年ごと、16回の収穫が可能(最長樹齢200年として算定)で、再生可能な材料と考えられている。また、コルクは組成物中にワックス状物質を含んでいる自然防水であり、水回りに置くカミソリ製品とも相性の良い素材といえる。防カビ性能や耐久性能についても、プラスチック製のハンドルと同等の性能を備えている。

 今回、「コルクスホルダー」を通じて連携するウエルシア薬局は、これまでレジ袋の削減や省エネ設備の積極導入など、持続可能な開発目標(SDGs)や環境保全に取り組んでおり、そうした活動の一環としてシックと連携することになった。

 シックは、これまでにも製品パッケージをプラスチックから紙へ変更するなどの環境に優しい製品や包装の開発・販売に取り組んでおり、これからも環境に配慮したサスティナブルな製品の開発、さらにはSDGsへの貢献活動に積極的に取り組み、持続可能な循環型社会の発展を支援していく考え。

 シックはこれまで、持続可能な循環型社会を支援すべく、主力製品のパッケージをプラスチックから紙へと変更し90%(年間50.8トン)以上(2019年10月~2020年9月のハイドロシリーズ、クアトロシリーズの生産数量からの計算)のプラスチックを削減する、再生可能な材料を使用した製品を販売するなど、環境に優しい製品や包装の開発・販売に注力してきた。

 そうした活動の一環として、この度、ウエルシアグループのウエルシア薬局と連携して、天然コルクを使用したカミソリ「コルクスホルダー」の発売を決定したという。

 シックが9月19日から全国のウエルシアグループ約2200店舗で発売する「コルクスホルダー」は、再生可能な素材・天然コルクをハンドル部分に85%使用したカミソリとのこと。

 ハンドル部には、樹木を伐採せずに樹皮のみを採取したFSC認証(持続可能な森林活用・保全を目的として誕生した、「適切な森林管理」を認証する国際的な制度)の天然コルクを85%使用。天然コルクは、1本のコルク樫から約9年ごと、16回の収穫が可能であり、再生可能な材料を使用することで、持続可能な循環型社会を支援する。コルク樹皮の接着には環境に影響の出ない無毒性の接着剤を使用。人体に優しいことはもちろん、分解時にも環境へ害を与えない。コルクはワックス状物質であるスベリンを含んだ自然防水になっているうえに、防カビ性能や耐久性能についてもプラスチック製ホルダー製品と同等の耐久性を実証済みとなっている(品質評価報告書—QER9056—に基づく)。刃にはSchickの技術を継承した、ドイツ製の5枚刃を使用した。製品パッケージには紙を使用。本体・パッケージを含めた製品全体でプラスチック使用量を削減し、環境保全に貢献している。

[小売価格]
コルクスホルダー 本体(刃付き)+替刃1コ:1298円
コルクスホルダー 替刃(4コ入り):1980円
(すべて税込)
[発売日]9月19日(日)

シック・ジャパン=https://schick.jp/


このページの先頭へ