日用品・生活雑貨

タイガー魔法瓶、抗菌加工の中せんとパッキンを採用した直飲みタイプの「真空断熱ボトル」を発売

2021.08.04 12:31 更新

 熱制御テクノロジーで世界をリードするタイガー魔法瓶は、抗菌加工の中せんとパッキンを採用した直飲みタイプの「真空断熱ボトルMMP-K020/K030」、「真空断熱ボトルMMZ-K035/K050/K060」を8月21日に発売する。

 世界中で高まる衛生意識を受け、抗菌製品に注目が集まっている。同社では、自社D2Cサイトにおいて昨年から抗菌加工のせん(MXV-E型に対応)を先行発売して以降、好評を得ており、現在、購入者の約8割の人が抗菌加工せんを選んでいる(5月実績(同社調べ))

 抗菌加工せんへのニーズを受け、人気のなめらか飲み口の直飲みタイプのボトルにおいても、中せんの樹脂部分(内側)およびパッキンに銀系無機抗菌剤を練り込んだ抗菌加工を採用した。衛生的なのでアウトドアや外出、学校や職場での使用に最適となっている。また、ボトルの内面にはフッ素コートを使用しない独自の電解研磨技術「スーパークリーンPlus」加工を施しており、汚れやニオイがつきにくく、いつでも清潔に使える。

 また、ワンプッシュオープンの直飲みタイプ、スラントハンドルタイプのボトルの対象商品についても、抗菌パーツを求める消費者の声に応えて、交換用の抗菌加工パーツを同時発売する(対象商品:MCX型、MMJ型(MMJ-A36H/48Hを除く)、MMX型、MMP-J/K型、MMZ型、MCZ型)。

 タイガー魔法瓶の真空断熱ボトルは、「NO・紛争鉱物」「NO・フッ素コート」「NO・丸投げ生産」「NO・プラスチックごみ」の4つの約束を掲げ、人権や、健康や、環境に配慮したものづくりを行っている。サスティナビリティを追求するタイガーだからこそ、使う人の健康を考え毎日安心して使える真空断熱ボトルを届けていく考え。

 主な特長は、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証とのこと。高まる健康・衛生意識に配慮した「抗菌加工せん(中せん)」を採用した。NO・フッ素コートでサスティナブルだという。独自の電解研磨技術で安心・安全「清潔ボトル」となっている。マグカップのような口あたりの「なめらか飲み口」とのこと。

[小売価格]4950円~6600円(税込)
[発売日]8月21日(土)

タイガー魔法瓶=http://www.tiger.jp/


このページの先頭へ