日用品・生活雑貨

バスクリン、薬用入浴剤「バスクリンマルシェ ジンジャー&レモングラスMixの香り」を発売

2021.08.01 16:43 更新

 バスクリンは、自然由来の成分だけを使った無添加(合成香料フリー、合成着色料フリー、石油系成分フリー)の薬用入浴剤ブランド「バスクリンマルシェ」から、天然精油(香料成分)をスペシャルブレンドした新アイテム「ジンジャー&レモングラスMixの香り」を8月18日に発売する。また既存アイテムは、よりやさしくナチュラルなパッケージデザインにリニューアル発売する。

 バスクリンが行った調査では、新しい生活様式の中で、生活者の人々の入浴頻度は増加しており、「おうち時間」の過ごし方として、お風呂時間を楽しく過ごすニーズが顕在化している(同社調べ(15~69歳男女2000人))。それにともない、入浴剤を新たに使い始める人も増加している(同社調べ(15~69歳男女2000人))。同社は、そのような新規ユーザーの人を含め、すべての入浴剤ユーザーの人のファン化を目指し、多様化するニーズに応えた様々な新製品を市場に投入していくという。

 肌を考えて、自然由来の成分だけを使った薬用入浴剤ブランド「バスクリンマルシェ」は、天然精油(香料成分)100%の香りや、自然由来の色素を使用した湯色、無添加(合成香料フリー、合成着色料フリー、石油系成分フリー)の処方など、自然派志向の消費者に支持を得ている。

 今回、既存の3アイテム(ラベンダー、レモングラス、オレンジの香り)を、よりナチュラルな装いにリニューアル発売する。また、ジンジャーとレモングラス精油をベースに、隠し味としてシダーウッド・ラベンダー精油を特別にブレンドした新アイテム「ジンジャー&レモングラスMixの香り」を8月18日に発売する。上品で温かみのある心地よい香りを楽しんでほしい考え。

 肌を考えて自然由来の成分だけを使った薬用入浴剤「バスクリンマルシェ」は、無添加(合成香料フリー、合成着色料フリー、石油系成分フリー)で、香りは天然精油100%(香料成分)とのこと。有効成分は天然ミネラル100%(乾燥硫酸ナトリウム)で、オーガニック認証ホホバ油を配合している(保湿成分)。また、自然由来の色素を使用した湯色(黄色・透明タイプ)となっている。

 専用スプーン付きなので、計量するだけでなく、簡単にチャックをしめることができ、袋にかけておくことができるフック付きとのこと。丸めて捨てられるパウチタイプで、売上の一部を森林保全活動に寄付(「バスクリンの森」活動)するという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]
ジンジャー&レモングラスMixの香り:8月18日(水)
ラベンダー、レモングラス、オレンジの香り:8月から順次切り替え

バスクリン=https://www.bathclin.co.jp/


このページの先頭へ