日用品・生活雑貨

ライオン、洗濯用プレ洗剤「ブライトSTRONG(ストロング) 衣類の爽快シャワー」を発売

2021.04.22 16:24 更新

 ライオンは、洗濯前の衣類にかけて放っておくだけ(かけて放置した後は必ず洗濯してほしいとのこと)で、汚れ・ニオイはもちろん、99%除菌・ウイルス除去(すべての菌・ウイルスを取り除くわけではない、シャワーをかけた後、除菌:4時間、ウイルス除去:30分で効果を確認)する新発想の洗濯用プレ洗剤「ブライトSTRONG 衣類の爽快シャワー」を、5月26日から発売する。

 れまでの洗濯行動は「洗濯は洗濯機で行うもの」として、“汚れものは、洗濯機で洗うまでそのままにしておくしかない”という固定観念があった。洗濯行動について調査(洗濯実態調査(2020年)、同社調べ)したところ、使用後の洗濯物については、「6時間以上そのまま」にしている生活者が8割以上、「1日以上そのまま」の回答も2割あり、その理由としては「忙しくてすぐに洗えない」「洗濯機があとでキレイにしてくれる」などがあがった。また、洗濯物の放置場所は「洗濯カゴ」(70%)、「洗濯機の中」(25%)などだった。

 一方、汚れものを洗濯機で洗うまで置いておくことについて、生活者は「汚れが落ちにくくなりそう」(52%)、「洗濯ものからニオイがしてきそう」(52%)、「菌が繁殖しそう」(69%)という不安や、汚れ物を放っておく自分に対する罪悪感などを抱えていた。

 実際に同社でモデル汚れを用いて比較した結果、汚れをすぐに洗った場合に比べ、しばらく置いた後に洗った場合は、汚れが落ちづらくなっていることを確認している。また菌についても、着用した靴下を洗濯するまで放置した場合、菌が増殖することを確認した。

 そこで今回、洗濯前の衣類にかけて放っておくだけで、汚れ・ニオイはもちろん、99%除菌・ウイルス除去する新発想の洗濯用プレ洗剤「ブライトSTRONG 衣類の爽快シャワー」を新発売する。すぐに洗濯できないときも、「衣類の爽快シャワー」をかけておくだけで洗濯がスタート。かけておくことで、放置する時間が洗浄・除菌・ウイルス除去の時間に変わる。

 昨年を境に世の中の価値観、常識が大きく変わり、洗濯に対する意識も、“帰宅したら洗う”“見えない菌まで落とす”という「清潔洗濯」に変容している。これを受け、「ブライト」は「洗濯は洗濯機で行うもの」という固定観念を覆し、「洗濯カゴから洗濯がスタートできる」という新習慣を提案する。

 これからの新しい生活様式でのお洗濯に向けて、衣類の汚れやニオイはもちろん、菌・ウイルスまで対応した「ブライトSTRONG」シリーズならではの新習慣を提案することで、漂白剤というカテゴリーに留まらない洗濯プラスワンのブランドとして新しい価値を提供していく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]5月26日(水)

ライオン=https://www.lion.co.jp/ja/


このページの先頭へ