日用品・生活雑貨

ライオン、美白ハミガキ「Lightee」を立ち上げ「Lightee ハミガキ」を発売

2021.02.13 12:45 更新

 ライオンは、歯の表面にできるミクロなキズの汚れまで徹底除去することで、“光を反射する”明るく白い歯に導く(歯本来の白さにする)美白ハミガキの新ブランド「Lightee」を立ち上げる。3月31日から、「Lightee ハミガキ」を発売する。

 新型コロナウイルス感染症の流行によって、新しい生活スタイルを探す日々が続いている。家で過ごす時間が増加する中、20~30代女性においては、外出自粛で交際費が減少する代わりに、美容、特に肌や歯など素の自分を美しくする“根本ケア”に投資する人が増えている。また「人と会う」ことのオンライン化が進み、「画面に映る自分の顔」を目の当たりにする機会が増えたことで、自分の顔の明るさや歯の色を気にする人が増加し、歯の美白に対するニーズが高まっているという(2017年、2020年同社調べ)。

 同社が歯の色と顔の印象の関係について調べたところ、歯の色が明るいと顔の印象まで明るく見えることがわかった。歯は、光を反射すると明るく、白く見える。しかし、歯の表面にできるミクロなキズにある汚れを落とし切れていないと、歯が光を十分反射できないため、歯の白さや明るさが低下してしまうとのこと。

 そこで今回、光発想の美白ハミガキの新ブランド「Lightee」を立ち上げる。歯の表面にできるミクロなキズに残る着色汚れまで徹底除去して、“光を反射する”明るく白い歯に導く「Lightee ハミガキ」を新発売する。

 「Lightee」は歯の美白ケアを通じ、新しい生活スタイルの模索の中で、多様な選択肢に直面して悩み・迷いながらも懸命に生きる女性たちの前向きな気持ちを応援していく考え。

 同品は、「無水ピロリン酸ナトリウム」(清掃助剤)と「アルミナ(酸化Al)」(光沢剤)を配合したミクロクレンジング処方のハミガキとのこと。歯をみがくと、歯の表面にできるミクロなキズに残った着色汚れ(ステイン)にまでハミガキ剤が浸透し、浮かせて落としやすくする。さらに、約3ミクロンの微粒子パウダー「アルミナ(酸化 Al)」(光沢剤)がミクロな傷に入り込み、汚れを落とす。その結果、歯の表面にできるミクロなキズに入り込んだ着色汚れまで除去して、“光を反射する”明るく白い歯に導くという(歯本来の白さにする)。また、フッ化ナトリウム(フッ素)がエナメル質の修復(再石灰化)を促進してムシ歯を予防するとのこと。殺菌成分「LSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)」が口臭の原因菌を殺菌し、口臭の発生を防ぐ。今回、ホワイトシトラスミントとホワイトローズミントの2つの香味で展開する。グローバル視点で「美容」への価値観・嗜好性を調査し、女性に好まれるこだわりの香味を開発した。

 Lightee(ライティー)」は、光発想の新美白ハミガキを象徴して「Light(光・明るい)」と「Teeth(歯)」を組み合わせたネーミングとのこと。明るく白い歯で、顔も心も明るくなれることを提案する。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月31日(水)

ライオン=https://www.lion.co.jp/ja/


このページの先頭へ