日用品・生活雑貨

大王製紙、「キレキラ!トイレクリーナー 1枚で徹底おそうじシート」つめかえ用の外装を紙パッケージに変更し発売

2021.02.26 15:45 更新

 エリエールブランドを展開する大王製紙は、「キレキラ!トイレクリーナー1枚で徹底おそうじシート」つめかえ用の外装をプラスチックから紙パッケージへ変更し、3月19日から数量限定で発売する。

 同社は今回「キレキラ!トイレクリーナー1枚で徹底おそうじシート」つめかえ用の外装包装材料を見直し、プラスチックから紙パッケージへ変更した。潤沢な水分で重量のある同商品を保護するため、破れにくい高強度の紙を使用している。なお、今回の紙パッケージ化を通じ、57%(1袋あたり当社従来品重量比)のプラスチック削減を見込んでいる。

 また、パッケージには「切り紙」ができる仕掛けを施し、紙素材ならではの楽しみ方を提供する。

 世界的な廃棄プラスチックによる海洋汚染問題に対し、環境負荷低減のため脱プラスチックが推奨されている。同社では製品の内容物または容器包装に植物由来素材、紙、コットンなど持続可能材料を使用し環境負荷低減に取り組んでいる。その取り組みの一つとして「キレキラ!トイレクリーナー1枚で徹底おそうじシート」つめかえ用の外装57%(1袋あたり当社従来品重量比)を紙にし、“外装の紙化”に踏み切った。今後、紙化を促進することで廃棄プラスチックによる海洋汚染問題の解決に貢献していく考え。

 大王製紙は、経営理念である「世界中の人々へ やさしい未来をつむぐ」を実現するため、事業活動を通じた社会課題解決に取り組んでいる。その中のひとつとして、SDGsの目標「12.つくる責任つかう責任」、「14.海の豊かさを守ろう」に貢献するため、「地球の再生」につながる環境に配慮した商品の開発・販売を通じて、脱プラスチックや3R(リユース・リデュース・リサイクル)を推進している。今回の「キレキラ!トイレクリーナー1枚で徹底おそうじシート」つめかえ用の外装の紙化は、来年に全量を紙パッケージ化することを目指した最初の取組みとのこと。今後も、持続可能な原材料の利用促進や森林保全・生物多様性の維持等に努め、持続可能な循環型社会の形成に取り組んでいくという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月19日(金)

大王製紙=https://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ