日用品・生活雑貨

象印マホービン、"せん"と"パッキン"がひとつになったステンレスマグ「TUFF(タフ)」を発売

2021.01.22 17:38 更新

 象印マホービンは、片手で簡単に操作できるワンタッチタイプのステンレスマグに、“せん”と“パッキン”がひとつになった「シームレスせん」を採用したステンレスマグ「TUFF(タフ)」(SM-WA型)を2月21日から発売する。

 ステンレスボトルやマグの“せん”に使われるパッキンは、容器内を密閉し、水漏れ防止のための大切な部品だが、「洗うのが面倒」「つけ忘れしやすい」「紛失しやすい」などユーザーから多くの不満の声(同社WEB調査(2019年、20~60代 男女 n=1000)による)があった。そこで、同社では、昨年9月、業界で初めて(ステンレスボトルにおいて、せんとパッキンをひとつにしたせん構造の技術(2020年7月30日発表による同社調べ))“せん”と“パッキン”がひとつになった「シームレスせん」を採用したステンレスマグSM-ZA型とSM-ZP型を発売する。ユーザーからは「パッキンの不満が解消した」と好評を得ており、アンケートでは97.5%(同社ユーザーアンケート(2020年、SM-ZA型ご購入者 n=697)で、シームレスせんに「大変満足している」「やや満足している」と回答した人の合計)の人が「シームレスせんに満足している」と回答した。

 新製品は、丸みを帯びたシンプルで使いやすいデザインとのこと。3サイズ(0.36L/0.48L/0.6L)、8色(0.6Lサイズは3色)で展開し、自分のスタイルに合ったマイボトルを選ぶことができる。

[小売価格]
SM-WA36:6050円
SM-WA48:6600円
SM-WA60:7150円
(すべて税込)
[発売日]2月21日(日)

象印マホービン=https://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ