日用品・生活雑貨

バスクリン、入浴剤「きき湯ファインヒート」をリニューアル発売しつめかえ用を新発売

2020.08.04 16:34 更新

 バスクリンは、温泉科学と生薬で、高みを目指す現代人の健康増進をサポートする入浴剤「きき湯ファインヒート」を、現代人の多忙なライフスタイルに合わせて、高濃度(きき湯食塩炭酸湯比)炭酸ガスがすばやくお湯に溶けこみ、温浴効果を高めて、効率的なカラダケアができるよう改良し、8月20日にリニューアル発売する。また、消費者の要望に応えて、つめかえ用を同日に新発売する。

 「きき湯ファインヒート」は、温泉科学と生薬で現代人の健康増進をサポートする入浴剤として、消費者に好評を得ているという。生活者の平均浴槽浴時間は、12.4分(2012年)から10.4分(2020年)と減少しており、短時間で質の良い入浴が求められると推察される(同社調べ 15~69歳男女 浴槽浴実行者 2012年N=1873、2020年N=1853)。

 今回、「きき湯ファインヒート」は、現代人の多忙なライフスタイルに合わせて、ツブが勢いよく発泡し、高濃度炭酸ガスがすばやくお湯に溶けこみ、炭酸ガスの効果をよりスピーディーに得られるよう、リニューアルした。また、消費者の要望に応えて、つめかえ用を新発売する。高みを目指す現代人の入浴習慣に、ぜひ「きき湯ファインヒート」を試してみてほしい考え。

 同品は、温泉科学と生薬を組み合わせた「プレミアムEX処方」の健康入浴サプとのこと。ツブが勢いよく発泡し、高濃度炭酸ガスがすばやくお湯に溶け込む。浴槽の湯量にあわせて使用量を調節できるとのこと。たっぷりおトクなつめかえ用は、ボトル(約8~10回分)+2回分増量となった。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月20日(木)

バスクリン=https://www.bathclin.co.jp/


このページの先頭へ