日用品・生活雑貨

クラボウ、抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」を活用した「クレンゼ ドライマスク」をECサイトで販売開始

2020.07.14 20:03 更新

 クラボウ繊維事業部は、抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」(抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」は、固定化抗菌成分「Etak(イータック)」を活用し、繊維表面に強力に固定化するクラボウ独自の加工技術。医療分野では白衣やスクラブ、ベッドシーツなどをはじめ、キッズ用品、寝具・雑貨など、幅広い分野で活用されている)を活用した「クレンゼ ドライマスク」を開発し、7月14日から同社ECサイトで販売を開始する。さらに、クレンゼを活用した身の回り製品も開発し順次販売を行う予定とのこと。

 クラボウ繊維事業部では、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、抗菌・抗ウイルス機能へのニーズの高まりを背景に抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」を活用した製品の開発・販売を望む声が多く寄せられ、5月から「クレンゼ マスク(布タイプ)」の販売を行っている。

 消費者からは、夏場でも快適なマスク用素材に対する多くの要望があり、暑さが本格化するこれからの季節でも快適に使用できるマスク用素材の開発に取り組んできた。そして今回、速乾性能とストレッチ性に優れた素材を活用し、クレンゼ加工を施した「クレンゼ ドライマスク」を完成し、販売を開始する。

 また、クレンゼを活用したバスタオルやエコバック、枕カバーなど身の回り製品も開発し、7月下旬から順次販売を開始する予定だ。

 「クレンゼ ドライマスク」は、汗などの水蒸気をなるべく早く発散させる特殊糸と速乾加工を施すことで汗などのベタつきを軽減しドライ感を持続する。また、ストレッチ性に優れた素材を使用しているため、顔へのフィット感が高まるとともに、洗濯後のシワの軽減が図れる。ドライ感とフィット感を両立した夏に快適なマスクとなっている。

 同品は、クレンゼ加工によって繊維上の特定のウイルス数を99%減少させ、特定の細菌の増殖を抑制する。また、生乾きの嫌なニオイも軽減する。速乾素材を使用しているため、汗などの水蒸気を発散させることでドライ感を持続させるとともに、洗濯後もすぐに乾くとのこと。シワになりにくくアイロン不要なので洗濯が増える夏場の手入れが手軽になるという。さらに、フィット感に優れ、また、息苦しくない立体構造となっている。

[小売価格]
3枚セット:2970円
6枚セット:5700円
(すべて送料無料・税込)
[発売日]7月14日(火)

倉敷紡績=https://www.kurabo.co.jp/


このページの先頭へ