日用品・生活雑貨

ナカバヤシ、対面作業の感染リスクを軽減できる「フェイスガード E」を発売

2020.07.15 12:05 更新

 ナカバヤシは、飛沫感染リスクの低減に活用できる「フェイスガードE」を7月中旬から発売する。介護・接客・食品加工など飛沫感染対策が必要なオフィスや事業所を中心に業務用として提案する。

 飛沫感染対策に使えるフェイスシールドとのこと。大型の透明シールドで、顔全体を覆うことができる。ベルトは頭のサイズに合わせ10段階の調節が可能で、斜めに入ったスリット構造によって自然な角度に装着できる。

 シールドとベルト部分がPETシート一体型のため、アルコールなどでふき取りやすく衛生的だとか。長時間の作業に配慮し、額部分にクッションパッド(30mm)を入れ、装着時の圧迫感を軽減している。

 同品は、飛沫感染対策に使えるフェイスシールドとのこと。ベルトは頭のサイズに合わせ10段階の調節が可能となっている。フック部分は斜めに入ったスリット構造によって自然な角度で装着可能だとか。シールドとベルト部分がPETシート一体型なのでアルコールなどでふき取りやすく衛生的となっている。長時間の作業に配慮し、額部分にクッションパッド(30mm)を入れ、装着時の圧迫感を軽減した。フロント部表示シールに名前が記入可能となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月中旬

ナカバヤシ=https://www.nakabayashi.co.jp/


このページの先頭へ