日用品・生活雑貨

ライオン、高濃度フッ素配合の「クリニカアドバンテージ ハミガキ」を改良発売

2017.05.01 17:04 更新

 ライオンは、「クリニカアドバンテージ ハミガキ」の有効成分として配合しているフッ素の濃度を1450ppmに引き上げて、6月から改良発売する。

 厚生労働省の調査(「歯科疾患実態調査」厚生労働省(2011 年))によると、1987年から25年間、成人(20~40代)1人あたりのムシ歯の本数は減少(例:30~34歳の場合 1987年14.3本→2011年10.7本)している一方、ムシ歯を1本でも経験したことがある人の割合は依然として95%を超えたまま、推移している(例:25~34歳 1987年99%→2011年96%)。

 ムシ歯予防に有効な方法の一つとして、フッ素の活用がある。フッ素には(1)歯垢の細菌の活動を抑え、酸が作られるのを抑制する、(2)溶けたエナメル質を修復する、(3)歯質を強化する--など、ムシ歯の発生・進行を防ぐ作用がある。「予防歯科」先進国のスウェーデンを始めとする諸外国では、ハミガキなどに配合するフッ素濃度は国際基準(ISO)を採用しており、上限濃度は1500ppmだとか。日本では今年3月に、国際基準と同様にフッ素が1500ppmを上限として配合されたハミガキの販売が認められた。

 そこで今回、「予防歯科」を一歩前に進める「クリニカ」ブランドにおいて「クリニカアドバンテージハミガキ」の有効成分として配合しているフッ素の濃度を1450ppmに引き上げて新発売する。

 改良発売する「クリニカアドバンテージ ハミガキ」では、フッ素を1450ppm配合(従来の約1.5倍)。予防歯科の3つのポイント「フッ素を残す」「歯垢を落とす」「菌を増やさない」を1本で実現する。歯垢を落とすでは、同社独自の歯垢分散成分「TDS(テトラデセンスルホン酸ナトリウム)」(洗浄剤)が歯垢を落としやすくし、酵素「DEX(デキストラナーゼ)」が歯垢を分解・除去。フッ素を残すでは、“高密着フッ素処方”によってムシ歯の発生と進行を防ぐ“フッ素”が歯の表面に長く留まる。菌を増やさないでは、殺菌成分「LSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)」がムシ歯の原因菌を殺菌し、ムシ歯を予防する。「TPP(ポリリン酸ナトリウム)」が歯石の沈着を防ぐ。清涼感のある「クールミント」、爽やかな「シトラスミント」、すっきりやさしい「ソフトミント」の3種類の香味を品揃えする。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月自然切替

ライオン=http://www.lion.co.jp




このページの先頭へ