日用品・生活雑貨

P&G、柔軟剤ブランド「レノアハピネス」の世界観が体験できる「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」を開催、TV-CMに出演の鈴木亮平さんと蓮佛美沙子さんが体感

2016.11.16 21:21 更新

 P&Gは、贅沢な香りを楽しむ柔軟剤ブランド「レノアハピネス」の世界観が体験できるイベント「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」を11月16日~20日の5日間、東京ミッドタウンで開催する。イベントの初日である11月16日に行われた発表会では、現在放映中のレノアハピネスのTV-CM「恋人の30cm」篇に出演している俳優の鈴木亮平さんと女優の蓮佛美沙子さんが登場し、ハピネスドームの中でお互いが半径30cmの距離に近づき、レノアハピネスの香りを体感した。

 「柔軟剤市場が1100億円に達する中、当社の柔軟剤ブランド『レノア』は防臭できる商品や香りを楽しむ商品、アロマジェルタイプや匂いを消臭する商品など、バラエティに富んだ商品を上市したことが奏功し、市場でNo.1のシェアを獲得するまでになった」と、P&G アジアパシフィックケアの木葉慎介統括ディレクターが挨拶。「この『レノア』ブランドの香りを楽しむ商品『レノアハピネス』では、今年8月に新商品を発売し、多くの消費者から支持され、過去最高の売上を記録している」と、新商品も好調なのだと目を細める。「新商品の『レノアハピネス』では、半径30cmのハピネスをコンセプトに、ストーリー仕立てのキャンペーンを展開。大事な人が半径30cm以内に近づいた時の香りを共有するCMを制作し、全国で放映している」と、コミュニケーション活動の内容について紹介。「今回、半径30cmに近づくことで体験できる香りを、多くの人々に知ってもらうべく、東京・六本木に『レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム』を展開することにした」と、大切な人とドームの中で、ハピネス体験をしてほしいと呼びかけた。

 そして、「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」がアンベールされると、ドームの中には、現在放映中のレノアハピネスのTV-CM「恋人の30cm」篇に出演している俳優の鈴木亮平さんと女優の蓮佛美沙子さんがスタンバイ。台座に上り、半径30cmの距離に近づくと、花びらとレノアハピネスの香りがドーム内に舞った。ハピネスドームからステージへと場所を移した鈴木さんと蓮佛さん。感想を問われた鈴木さんは、「可愛らしいドームなので、ドキドキしてしまった」とのこと。蓮佛さんは、「鈴木さんと会うのはCMの撮影以来なので、久々に会って半径30cmの距離は、すごく近いと感じた」と、少し照れくさかった様子。「しかし、紙吹雪が舞うとすごく心地よい香りがして、いい気分になれた」と、ドーム内に香るレノアハピネスの香りに癒されたとも語っていた。

 では、二人にとって半径30cmの距離に入ってきてもよいと感じるのはどんな人なのだろうか。鈴木さんは、「家族や恋人になると思う。男友達は照れてしまう」とコメント。「すし詰めの居酒屋では、半径30cmの距離に他人が入り込んでくるが、料理がおいしければ気にならない」と、食べ物に夢中になると、近くに人がいても気にならないと話していた。蓮佛さんは、「家族や仲の良い友人になる。その一方で、仕事上、初めて会った人ともこの距離に近づくことはある」と、女優という特殊な仕事でもあるため、体と体を寄せ合って演技をしなければならない場面もあると述べていた。

 この二人の心理について解説してくれたのが、心理学者の晴香葉子氏。「人間には他人に入られると不快になるパーソナルスペースというものが存在する。このスペースに入ることができる人は、好印象を持っている人ということになる」と、好意的に感じる人かどうかを判断する材料になるのが、半径30cmの距離になると指摘する。晴香氏の話を聞いた鈴木さんは、「ドーム内で、台座に立つと、蓮佛さんと半年ぶりに会っても心の距離まで近づけたと感じた」と、久しぶりでも、半径30cmの距離に近づくことで、気持ちもすぐに縮めることができたと話していた。蓮佛さんは、「鈴木さんと久しぶりに会ったが、ドーム内の台座に立ったとき、同じ距離を共有していることに、キュッとしてしまった」と、緊張感がほぐれるのが半径30cmの距離なのだと述べていた。晴香氏は、「香りは人の気分を変えてしまう効果がある。ドーム内に漂う香りが、気持ちを穏やかにしてくれたのだと思う」と、香りは人の心を変えてしまうのだと解説。「よい香りに包まれると、よい記憶として脳に残りやすいため、『レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム』を体験することで、その瞬間は非常にハッピーな気分になると思われる」と、晴香氏は、「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」には、幸せな気分になれる効果も期待できるのだと話していた。

 


 次に、現在放映中のCMについて、撮影秘話などを二人に聞いた。苦労した点について鈴木さんは、「何度もハグを行ったのだが、正解にたどり着くまで、本当に苦労した」と、蓮佛さんを空港で抱きしめる場面の撮影が大変だったという。「蓮佛さんに体当たりしないように、一度立ち止まってハグすると自然にできることが、今回の撮影でわかった」と、ハイチェアから立ち上がって説明してくれた。蓮佛さんも、「ハグのシーンは、20テイクぐらい行った。鈴木さんが会いたかったという表情をしてくれていたので、自然とキュンとなれた」と、蓮佛さんにとっても印象深いシーンであったという。「CMのように、恋人を空港にまで迎えに来てくれたら、女性は絶対に嬉しくなってしまう」と、CMのような場面に出くわしたら、どんな恋人でもハグしてしまうのではないかと語っていた。

 最後に鈴木さんは、「これからのクリスマスに向けて、街もライトアップされ華やかになっていく。『レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム』が設置される東京ミッドタウンもライトアップされるので、デートには最適だと思う。ぜひ、大切な人とこのドームで半径30cmに近づいて、お互いのぬくもりを感じあってほしい」と、クリスマスデートに「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」を活用してほしいと話していた。蓮佛さんは、「クリスマスは、イルミネーションデートに憧れているので、東京ミッドタウンはまさに理想のデートコース。そんなロマンチックな場所に設置された『レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム』に入って、キュンとしたり、ドキッとしたり、素敵な時間を過ごしてほしい」と、ドームに入って、心にも体にもよい半径30cmの距離間を、ぜひ体感してほしいとアピールした。

 東京ミッドタウンに期間限定で登場する高さ4mのスノードーム型「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」は、大切な人と一緒にドームの中に入り、半径30cmの距離に近づくと、まるで本物のスノードームの中に入ったかのように、花びらや煌めきとともにレノアハピネスの華やかな香りが舞う「香りの魔法」を楽しむことができるという。そして、そんな笑顔あふれるハピネスの瞬間を撮影し、プレゼントするとのこと。撮影された画像はその場でQRコードからダウンロードできるので、SNSなどへの投稿も手軽に行うことができる。無料で誰でも参加することができるという。

 「レノアハピネス」は、「半径30cmで華やかに香る」をコンセプトに、大切な人とそっと寄り添うときに半径30cmの幸せを華やかな香りとともに届けるという。特別な香りを一番ほどよく感じられる距離は“半径30cm”であることが同社の調査から判明している。“半径30cmのハピネス”で、新しい世界観と香りの体験を楽しんでほしい考え。また、新香調「フルーティカクテル&フラワー」が加わり、5種類の香りのラインアップで半径30cmの香りを選ぶことができる。

[「レノアハピネス半径30cmのハピネスドーム」イベント概要]
開催日時:11月16日(水)17:00頃~21:00
     11月17日(木)~20日(日)11:00~21:00
開催場所:東京ミッドタウン アトリウム(東京都港区赤坂9-7-1 B1)

P&G=http://jp.pg.com/


このページの先頭へ